Tudo bem? ~ From SJC, SP, Brasil


ブラジル・サンパウロ州・サンジョゼ・ドス・カンポス市での日々の生活を伝えるブログです。
by dkaqua2005
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フォロー中のブログ
Links

ニッケイ新聞(日系人向けの邦字新聞)
サンパウロ新聞(上に同じ)
パラナ新聞(廃刊になったようです)
O Vale(サンジョゼの地元紙)
São José dos Campos
(サンジョゼのHP。英語版あり)
Verbix Português(動詞の活用に大活躍)
元々イギリス滞在記(お友達の研究者はるさんのブログ)
TROPICAL PARADISE BRASIL!!!(北東部Natalにお住まいの福岡人eminhaさんのブログ)
Olá gente!(ブラジル大好きかつ事情通のmikiさんのブログ)

今日の天気:






カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ブログパーツ
ブログジャンル

サンパウロ


11 de Julho de 2005

今日、サンパウロ市に初めて行ってきました。目的は、在留届を在サンパウロ日本総領事館に提出することと、自動車の運転免許証の翻訳されたものを受け取ること、そしてお給料を頂くための手続きをするためにFAPESP(サンパウロ州の研究基金団体)へ赴き、最後にボスの葡和辞典を購入するためと、かなりハードなスケジュールとなりました。

サンパウロへは、研究所のお抱え運転手さんにボスとともに連れて行ってもらいました。朝9時過ぎにSJCを出て、サンパウロ周辺の渋滞のため、在サンパウロ日本総領事館に着いたのが11時。お昼休みまであと1時間というぎりぎりの時間になんとか滑り込むことができました。在留届に必要な書類はあらかじめ外務省のHPからダウンロードして記入していたので、手続き自体は10分ほどで完了。(となりで手続きしていた日系人のおじさんは、公式な書類に記載されている親の名字が彼の名字と合わないと、係の人ともめておりました。そのおじさんがいうには、彼の親(もしくは祖父母)がブラジルに来て言葉もよく分からなかった時に、翻訳してくれた人が登録する際にまちがったのではという主張でした。が、詳細はよく分かりません。移民してきた方達はいろんな苦労をかかえているのだなと改めて感じた瞬間でした。)

そのまますぐにFAPESPに直行。こちらも先週電話を入れたいたのが功を奏して、お昼休み前になんとか手続きを完了し、やっと来月から給料を貰えることとなりました。

その後、サンパウロの中心部(セントロ)近くにある公証翻訳事務所におもむき、運転免許証の翻訳されたものを受け取りました。
これが何故必要かというと、ブラジルは国際免許証を認める条約に加盟していないために、日本で国際免許証を取得しても役に立ちません。そこで、日本からもってきた日本の免許証をポルトガル語に翻訳してもらい、その書類、住所の証明書、RNE(外国人登録証)、CPF(所得証明書?、すみません正確な日本語に訳せません)などを揃えて、DETRANと呼ばれる運輸局に提出する必要があります。 
そのための翻訳というわけです。これには25Reaisかかりました。

リベルタージで昼食をとったのちに、ボスのために辞書を探しに本屋さんに行きました。なにも僕のために日本語を覚えようと言う訳ではなく、来週から約3ヶ月間、日本に客員教授として名古屋大学へ出張するためです。二人で、あちこち探しまわって、結局ポルトガル語の例文から日本語が分かる(ローマ字で書かれてあります)コンパクトな例文集を購入しました。日本円では950円くらいですが、こちらの値段では約60Reais(約2800円!!)と激高な値段でした。

なにはともあれ、二人とも目的を達成できたことで全てよしとし、また研究所の運転手さんの運転でSJCへ戻りました。

運転手さん、1日中つき合ってくれてどうもありがとう。

サンパウロの感想ですが、高層ビルが立ち並び、人がたくさんいて、まさにモンスターでした。でも、リベルタージは日系人が多くいて非常に親近感の持てる場所でした。ぜひまた来てみたいです(セナのお墓とかも見たいし)。

さあて、明後日に控えているセミナーの準備でもしようっと。
それでは、また。

[PR]

by dkaqua2005 | 2005-07-12 06:33 | SJCにて
<< コーヒー アパート >>