Tudo bem? ~ From SJC, SP, Brasil


ブラジル・サンパウロ州・サンジョゼ・ドス・カンポス市での日々の生活を伝えるブログです。
by dkaqua2005
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フォロー中のブログ
Links

ニッケイ新聞(日系人向けの邦字新聞)
サンパウロ新聞(上に同じ)
パラナ新聞(廃刊になったようです)
O Vale(サンジョゼの地元紙)
São José dos Campos
(サンジョゼのHP。英語版あり)
Verbix Português(動詞の活用に大活躍)
元々イギリス滞在記(お友達の研究者はるさんのブログ)
TROPICAL PARADISE BRASIL!!!(北東部Natalにお住まいの福岡人eminhaさんのブログ)
Olá gente!(ブラジル大好きかつ事情通のmikiさんのブログ)

今日の天気:






カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ブログパーツ
ブログジャンル

Por quilo



14 de Setembro

昨日は朝食の話だったので、今日は昼食のお話。

昼食はいつも研究所のレストランで食べます。このレストランでは、ブラジルで一般的なPor quiloと呼ばれるバイキング形式をとっています。これは、自分の食べたいものを食べたい分だけお皿にとりわけ、それを秤で計り、その重さの分だけ料金を支払うというものです。いちいちメニューを見て決める必要がないので、じつにすばらしい方式です。ポルトガル語の先生の話によると、この方式は10~15年くらい前からブラジルで普及し始めたそうです(そんなに古くないんですね!)。しかし、誰が最初にこの方式を思いついたのでしょうか?先生も知りませんでした。

さて、このポルキロで、普段好んで食べるのは、alface(キャベツ) tomate(トマト) cenoura(にんじん) arroz(米) feijão(豆を煮たもの)そしてcarne(肉)です。家には冷蔵庫が未だにないので、この昼食で野菜、特に緑黄色野菜をたっぷりと取るようにしてます。 また、出てくるものは日によって変わるので、飽きることはありません(魚のフライや果物などもあり、研究所のレストランではデザートはただです)。

というわけで、ブラジルに来た際、ポルトガル語を話せなくても、Por quilo(あるいはPor kilo)またはself-serviçoと書かれてある看板を見つければ、少なくともお昼ご飯は食べることができます(注:ポルキロはお昼だけのサービスです)。お試しあれ。



[PR]

by dkaqua2005 | 2005-09-15 04:45 | 日々雑記
<< ポルトガル語レッスン 14 Padariaにて >>