Tudo bem? ~ From SJC, SP, Brasil


ブラジル・サンパウロ州・サンジョゼ・ドス・カンポス市での日々の生活を伝えるブログです。
by dkaqua2005
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フォロー中のブログ
Links

ニッケイ新聞(日系人向けの邦字新聞)
サンパウロ新聞(上に同じ)
パラナ新聞(廃刊になったようです)
O Vale(サンジョゼの地元紙)
São José dos Campos
(サンジョゼのHP。英語版あり)
Verbix Português(動詞の活用に大活躍)
元々イギリス滞在記(お友達の研究者はるさんのブログ)
TROPICAL PARADISE BRASIL!!!(北東部Natalにお住まいの福岡人eminhaさんのブログ)
Olá gente!(ブラジル大好きかつ事情通のmikiさんのブログ)

今日の天気:






カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ブログパーツ
ブログジャンル

Pororoca



29 de março

先日ポルトガル語教室でPororocaという言葉を習いました。これは一種の自然現象でブラジルのアマゾン川(アラグアリ川)で起こるのだそうです。

Wikipediaの説明によると、

「Pororocaは、アマゾンの波という異名を持つ、アマゾン川を逆流する潮流、いわゆる海嘯のこと。

満月と新月の時に海で大潮が発生すると、その波はおよそ5メートルほどの高さに達し、アマゾン川の河口に押し寄せてくる。この大波は川の流れを飲み込んで時速65キロメートルの速度で逆流し、800キロメートルの内地にまで至るものもある。

大潮に由来するため月に2回起こる現象であるが、3月頃には干満差の大きさや、雨季の影響によるアマゾン川の水量の多さにより規模が大きくなる。雨季に当たる春には、アマゾン川の大量の水が満潮になって押し寄せる海水と衝突する。この時川の水は逆流する海水に押され、海に流出することができず海水と共に逆流する。この時、600キロメートルの内陸でも甚大な被害が懸念される。

この現象は、波の到着が予告することを憎んだインディアン達によってポロロッカと名付けられたが、これは「大きな騒音」という意味である。

しかしながら、サーフィンを楽しむ人にとってはポロロッカは天国のような現象である。2003年にはアディルトン・マリアーノがこの波に乗って34分間川を上っている。 しかしながら、水中にはピラニアなどの死体も沢山含まれているなど、サーフィンには危険もある。」

ということらしいです。他の文献も見てみるとその波高は最大で9メートルにも達するそうです。津波に匹敵する恐ろしさですね。ちなみに津波は海外でも「ツナミ」と呼ばれています(発音はトゥナミと発音されることが多いですが)。一度でいいからアマゾンに行ってみたいです。
でも、無理だろうな。意外と、ブラジル人でもアマゾンに行ったことがないという人は結構います。ブラジルが国というより大陸だということを示す一つのエピソードです。


[PR]

by dkaqua2005 | 2006-03-30 08:04 | 日々雑記
<< test 宿題 >>