Tudo bem? ~ From SJC, SP, Brasil


ブラジル・サンパウロ州・サンジョゼ・ドス・カンポス市での日々の生活を伝えるブログです。
by dkaqua2005
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フォロー中のブログ
Links

ニッケイ新聞(日系人向けの邦字新聞)
サンパウロ新聞(上に同じ)
パラナ新聞(廃刊になったようです)
O Vale(サンジョゼの地元紙)
São José dos Campos
(サンジョゼのHP。英語版あり)
Verbix Português(動詞の活用に大活躍)
元々イギリス滞在記(お友達の研究者はるさんのブログ)
TROPICAL PARADISE BRASIL!!!(北東部Natalにお住まいの福岡人eminhaさんのブログ)
Olá gente!(ブラジル大好きかつ事情通のmikiさんのブログ)

今日の天気:






カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ブログパーツ
ブログジャンル

インディジョーンズ見て来ました


31 de maio

今日インディジョーンズ4を見に行って来ました。
日本はまだ公開されていないようですね。

僕は子供の頃からのインディファンで、小さい頃は考古学者になることが夢と公言していたほどの熱の入れようでした。映画版のみならずTVのヤングインディシリーズも全部みましたし、その文庫本も全巻持っています。また、インディの青年時のエピソードを描いた文庫も実は出ておりそれも大部分は読んでいます(かなりレアなので現在書店で見つけることは困難です)。

さて今回久方ぶりの”ハリソンフォード”インディの復活でしたが、感想からまず述べるとアクションは最高でしたが、ストーリーの展開は50点くらいでした。今回の敵は1950年代のソビエト連邦のKGB。冷戦最中でアメリカの一歩先をいく兵器(ガラス製の骸骨)を手に入れようと躍起になっています。その秘密兵器の鍵を握るのがインディ。冒頭でインディはKGBに拉致されエリア51へと連れて行かれます。そして兵器の在処を教える様に強要されるのですが...。そこからなんとか逃れたもののネバダの核実験場に迷い込み(それも実験の1分前!!)大変な目に遭ってしまいます。その後大学で講義をする平穏な生活から昔の様な冒険の日々へと徐々に引き戻されて行きます。また、今回面白かった点はインディの息子の出現です。今後スピンオフ作品に繋がる可能性があるかも。

ストーリ自体は、インディシリーズがお休みしていた間、「スターゲイト」という宇宙戦争と考古学とを上手く融合させた映画・ドラマがすでにあるためにそれほど目新しいものでなく、「やっぱり結末はこうなんだ」という印象を受けました。でも、60歳を越えてもハリソンのアクションには張りがあり、以前にも増して演技に磨きがかかっています。出来ればTVシリーズで出ていた老インディの片目がなぜ潰れてしまったのかを語るエピソードを作ってくれないかなあと思ったそんな一日でした。

[PR]

by dkaqua2005 | 2008-06-01 10:14 | 日々雑記
<< アマゾンの森林があっという間に... 研究とポルトガル語 >>