Tudo bem? ~ From SJC, SP, Brasil


ブラジル・サンパウロ州・サンジョゼ・ドス・カンポス市での日々の生活を伝えるブログです。
by dkaqua2005
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォロー中のブログ
Links

ニッケイ新聞(日系人向けの邦字新聞)
サンパウロ新聞(上に同じ)
パラナ新聞(廃刊になったようです)
O Vale(サンジョゼの地元紙)
São José dos Campos
(サンジョゼのHP。英語版あり)
Verbix Português(動詞の活用に大活躍)
元々イギリス滞在記(お友達の研究者はるさんのブログ)
TROPICAL PARADISE BRASIL!!!(北東部Natalにお住まいの福岡人eminhaさんのブログ)
Olá gente!(ブラジル大好きかつ事情通のmikiさんのブログ)

今日の天気:






カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ブログパーツ
ブログジャンル

ありきたりですが、世界が平和でありますように


23 de dezembro

最近日本のニュースを見ていて感じること。
とても腹立たしいということです。
派遣社員の首切り。凶悪犯罪が多発していること。
日本ももう安全な国ではなくなったんだなということを実感します。

犯罪に関してはもっと厳しく当たるべきだと考えます。
かつて中国では残酷ではありますが様々な刑がありました。例えば宮刑。かの有名な歴史家、司馬遷も受けたと言う過酷な刑(男子限定)。匈奴へ投降した友人を弁護したために武帝の逆鱗に触れ死刑か宮刑かの選択を迫られ、自分の天命を果たすべく泣く泣く宮刑を選んだと言う話があります。具体的にいうと男子の一物を切り取ってしまうこと。現在の犯罪者はかの先生ほど立派であるはずもありませんが、この刑はかなり有効だと考えます。例えば性犯罪者への執行。残念ながら我が故郷、福岡はレイプ事件の全国ワースト1位なのだそうです。被害にあった女性の悲痛、無念さいかばかりかと思います。このような犯罪を犯す者は捕まった時は反省するでしょうが完全に更生するとは限りません。そのような者達にこの「宮刑」を実施するだけでどれほどの女性が助かることでしょう。人権保護団体に言わせればそんなのけしからん、ということになるでしょうが被害者の立場になれば、犯人を殺しても心の傷は癒されないのです。例え逮捕されても数年で出所してきます。そんな男を野放しにしておく方がどうかしています。今の世はカオスです。秩序というものが本当に欠落しています。人間という生き物はなにがしかの「枷」がないと暴走してしまうのだと思います。アムネスティなどくそくらえです。被害者の気持ちの分からない人間に何もいう資格などありません。もちろん冤罪をさけることは大事ですが、確実に犯人だと分かった人間に人権など関係ありません。その他の犯罪にしても何らかの「刻印」があれば、その人が何をしたのか誰にでも明らかになります(例えば入れ墨)。人権侵害だという人もいるでしょうが、なんらかの過ちを犯したことには違いありません。それをみれば犯罪抑止効果も生まれるし、出所後の犯罪者の行動も分かります。犯罪者の差別に繋がるという意見もあるでしょうが、たとえば漢楚の時代、額に犯罪者の証のあった英布将軍も王の位にまでなった人です。その後の功績を認めてもらえば誰も文句をいう人はいないでしょう。

ちょっと過激になってしまいましたが、もういやなニュースは見たくありません。みんなが平和に楽しく暮らせる世の中が来る日はいつやってくるのでしょうか?なるべく早くそういう日がやってくるのを切に願っています。

Feliz Natal e um prospero um ano novo!

dkaqua


[PR]

by dkaqua2005 | 2008-12-24 10:25 | 日々雑記
<< Ano 2009 日本はどうなってるの? >>