Tudo bem? ~ From SJC, SP, Brasil


ブラジル・サンパウロ州・サンジョゼ・ドス・カンポス市での日々の生活を伝えるブログです。
by dkaqua2005
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フォロー中のブログ
Links

ニッケイ新聞(日系人向けの邦字新聞)
サンパウロ新聞(上に同じ)
パラナ新聞(廃刊になったようです)
O Vale(サンジョゼの地元紙)
São José dos Campos
(サンジョゼのHP。英語版あり)
Verbix Português(動詞の活用に大活躍)
元々イギリス滞在記(お友達の研究者はるさんのブログ)
TROPICAL PARADISE BRASIL!!!(北東部Natalにお住まいの福岡人eminhaさんのブログ)
Olá gente!(ブラジル大好きかつ事情通のmikiさんのブログ)

今日の天気:






カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ブログパーツ
ブログジャンル

経済危機と日系人


19 de maio

TVタ*クルで在日外国人の現状が取り上げられていました。日本政府は経済危機により職を失った日系人ら外国人が国に戻れるようにと帰国費用を負担するという対策を始めたそうです。しかし一旦利用するとしばらく(何年とは述べられていません)は日本に戻ってくることはできないというのが条件だそうです。つまりていの良い強制送還です。15年ほど前、労働力不足の解消のため南米から日系人を呼んでおいて、景気が悪くなったとたんこの仕打ち。ちょっとひどすぎるのではないでしょうか。河野太郎氏によれば、これからは日本人の”血”が優先されるのではなく日本語能力があるものを次の労働力として期待しているそうです。しかしこれってちょっとおかしいのではないでしょうか?日本政府の責任のもとで日系人を呼んだのなら、彼らに日本語教育を受ける機会を与えるのも政府の責任だと考えます。終業後に日本語を学ぶための補助金を出したり、学校を提供したりできたはずです。いまのような政府の対応をみて日本で働きたい、ずっと日本に住みたいと思う人がどれだけいるでしょうか?満足な社会保障をせずにやってくる人などいません。これからますます少子高齢化が進むのは明らかなのだから、日本政府は外国人に対する考え方を変えて彼らが日本社会の一員として生きて行けるように指導・援助をしていかなくては未来はありません。

反対に、日系人の方達も日本社会にできるだけとけ込む努力をしてもらいたい。ブラジル人は何かと問題視されています。が、彼らの行動はブラジルに住んでいる者からみればごく普通のことで何が悪いんだと思うでしょうが、日本はブラジルとは違います。その辺は地域の人たちとよく相談し、適切な妥協点を見つけて健全なコミュニティーを築いて行って欲しいと思います。行政の仲介が特に重要でしょう。

日本はもう東洋の離れ小島ではありません。日本人としてのアイデンティティを忘れずに持ちつつ世界のリーダーとしてこれからも発展していって欲しいものです。

[PR]

by dkaqua2005 | 2009-05-20 08:41 | 日々雑記
<< Rolinho primavera cozinha >>