Tudo bem? ~ From SJC, SP, Brasil


ブラジル・サンパウロ州・サンジョゼ・ドス・カンポス市での日々の生活を伝えるブログです。
by dkaqua2005
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フォロー中のブログ
Links

ニッケイ新聞(日系人向けの邦字新聞)
サンパウロ新聞(上に同じ)
パラナ新聞(廃刊になったようです)
O Vale(サンジョゼの地元紙)
São José dos Campos
(サンジョゼのHP。英語版あり)
Verbix Português(動詞の活用に大活躍)
元々イギリス滞在記(お友達の研究者はるさんのブログ)
TROPICAL PARADISE BRASIL!!!(北東部Natalにお住まいの福岡人eminhaさんのブログ)
Olá gente!(ブラジル大好きかつ事情通のmikiさんのブログ)

今日の天気:






カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ブログパーツ
ブログジャンル

カテゴリ:日本にて( 15 )


帰省


21 de dezembro

先週日本に約2年ぶりに帰ってきました。久しぶりの日本はやはりいいですね。まだ正月休みまで時間があるので、家族・友達はみな当然の事ながら仕事をしていて昼間はかなり暇です。ということで昼間は大学に顔を出して、今までやろうと思っていてできなかった数値シミュレーションの勉強をしています。久しぶりに学生に戻った気分で楽しいです。今年も後少し。少し早いですがみなさんにとって来年がいい年でありますように。


[PR]

by dkaqua2005 | 2011-12-21 12:20 | 日本にて

Vou ao Brasil!



10 de março

気がつけばもう3月。先週は予想外の大雪に見舞われ、この先どうなるのかとかなり先行きが不安でしたが...
やっと書類のFAXが届きどうにかビザが取れることになりました!001.gif

今週の水曜日にはできあがるそうです。
ほぼ2ヶ月待ってやっと...
原本がまだ届いていないのが少し不安ですが、まあなんとかなるでしょう。
ということで、来週の月曜にいよいよ出発することになりました。
いつもはアメリカ経由なんですが、今回はヨーロッパ経由で行ってみることにしました(アメリカの入国審査が面倒なので)。いつもながら出発間際というのはばたばたしていて、転出届けと国民年金の手続きをして、来年更新を迎える運転免許証の更新もしなくちゃいけないし、荷物を送る手続きをしたりとやることが山の様に残っています。なんとか間に合いますように...


[PR]

by dkaqua2005 | 2008-03-10 20:11 | 日本にて

um problema



27 de fevereiro

3月1日から仕事を始める予定だったのが不可能となってしまいました。
というのも、

まだビザがとれてないんです!007.gif

ブラジルからあと1枚書類を送ってもらうだけでビザがとれるのに、それが全く届かない。ボスに担当者の方へと働きかけをしてもらっていますが、全く急ぐ気配なし...。いつになったら出発できることやら。

yukunさん、gaucho in kyotoさん、お会いできるのはまだまだ先になりそうなのでご承知おき下さい。


[PR]

by dkaqua2005 | 2008-02-27 14:16 | 日本にて

日本に無事到着しました



26 de junho

みなさん、昨日無事に日本に到着しました。
飛行時間と待ち時間を合わせると30時間を越える超長旅でかなり疲れてはいますが、
今日は大学に来ています。

しばらくブログはお休みすると前回書きましたが、気が向いたときには
更新をしようと思います。

今後ともどうかよろしくお願いいたします。


[PR]

by dkaqua2005 | 2007-06-26 18:12 | 日本にて

Japão 3



1 de novembro

福岡には2週間滞在していました。
最初の週は、研究集会に出席し、あとの1週間は大学に寄ったり
地元の友達と会ったりしてました。

今回行われた研究集会は、だいたい2年おきに行われるものでプラズマ中の非線形波動および乱流がメインテーマでした。院生時代の元指導教官の先生が責任者となっていたために研究室のみんなもスタッフ(LOC)として働いてました。しかし、いろんなことがあったようで臨時で雇ったお姉さん(?)や先生の奥さんも含めて全員で6人(8人だった日もありましたが)!明らかに人手が足りません。ということで、ブラジルからやって来た僕もいつのまにかLOCの一人となってました。LOCというのを今回初めて体験しましたがめちゃくちゃ大変です(前準備がさらに大変だったと思います)。お茶やお茶菓子の準備をしたり、会場の設定やエクスカーションなどなど。議論する時間はあまり取ることができませんでしたが(残念!)、参加者のみなさんとフランクにお話することが出来て非常によかったと思います。ちなみに、エクスカーション(遠足)では、九州国立博物館と大宰府天満宮に行ってきました。前者は僕がブラジルにいってからできたものなので、訪れるのは今回が初めてでした。建物の側面全体が何枚ものガラスで覆われており屋根の曲線美がまたすばらしいものでした。
d0057785_20151441.jpg

展示品も豊富で、日本各地から集められた石器時代から江戸時代くらいまでに使われた道具や武器などが所狭しとあり、1時間という短い時間で全てをくまなく見ることはできませんでした。

さて、次の週。学生時代の先生とお会いしたり、大学の研究室によってゼミに出席したり先生と論文のディスカッションをしたり、博多でブラジルのみんなにお土産を買ったり、幼馴染と友達と会ったりと目が回りそうな忙しさでした(というか、毎日飲みに行ってただけですが)。たった1年しか経ってないのでそんなに変わるわけがありませんが、なんだか全てを新鮮に感じることが出来ました。
そうそう、帰りに福岡空港の周りをちょっとうろうろしているとき、昔バイトでお世話になった店長さんに偶然お会いできたのはちょっと驚きでした。バイト仲間にも会いたかったんですが、あまりのスケジュールの過密さに都合をつけることが出来ませんでした。ごめんなさい、またの機会ということで。っと、こんな感じで最後の週は休暇をとるつもりがほとんど休むまもなくあっという間に時が過ぎ去ってしまいました。

今回の帰国では本当に有意義なときを過ごすことが出来ました。みなさん、本当にありがとうございました。 (完)

追伸:帰りの飛行機ではなんの問題も起こりませんでした。


[PR]

by dkaqua2005 | 2006-11-01 20:32 | 日本にて

Japão 2



30 de outubro

日本について最初の1週間は東京にいました。
東京で開かれる学会に出席するためです。宿はホテルではなく、以前うちの研究所に2ヶ月来られていた研究者の方のおうちに(ずうずうしくも)泊めていただきました。ついた当日は、もうへとへとでしたがお風呂の湯船につかったとたん、「ああ、日本に帰ってきた!」と心底嬉しくなりました。また、彼のご家族もすごくいい方たちで本当にリラックスして1週間を過ごすことが出来ました。

***さん、本当にありがとうございました。

長いこと日本に住んでいましたが、今回初めて皇居と国会議事堂を見に行きました(ついでに銀座も)。しかし、雨風が強い日でかつ夜に行ったのでなんとも中途半端な観光となりました。

学会のほうはというと、同期現象に関する国際学会でこの分野の大物がぞろりとそろった学会でした。発表内容は多岐に渡っていたので全てを理解することはできませんでしたが、いろいろと勉強になりました。

さて、学会が終わり福岡へ向かうために羽田へ。今回初めて羽田の第2ターミナルを利用しました。建物がとてもおしゃれでいいんですが、チェックインカウンターと手荷物を預けるカウンターとが別々なのがちょっと(ほんのちょっと)ですが不満です。なんで別々なんだろう?うわさの空弁とか言う奴を買おうかと思いましたが、千円以上もするので即行却下です(結局ホットドックで空腹を満たしました)。また、この日強い低気圧が関東に近づいてきており飛行機の出発が40分ほど遅れてしまいました。

まあ、なんとか無事に福岡に着き、地下鉄と新幹線を使って家路を急いでいたのですが、途中中学時代の友人とばったり出会い、なぜか飲みにいくことに。うちに帰るつもりで母親に迎えに来てもらっていたのですが、理由を説明して荷物だけ先にもって帰ってもらい(いやー、ひどいなーしかし)友人と飲み屋さんへ向かいました。

とこんな感じで、福岡での滞在が始まったのでした。つづく。

[PR]

by dkaqua2005 | 2006-10-31 07:15 | 日本にて

Japão 1



27 de outubro

今回の日本行きは出発からいきなりつまづいてしまいました。

以前も書いたように、サンパウロ・グアルーリョス国際空港を「朝」8時に出発すると思って、前日の夜から空港で待っていました。一応深夜に出発する便もあるのでそれなりに人はいたのですが、やはり午前3時ごろになるとほとんどのお店が閉まってしまい、空港は閑散となってしまいました。ところで、、グアルーリョス空港にはコインロッカーというものがありません。荷物を預けたいときは、空港の外にある「guarda-voulmes」という所にいって荷物を預けなくてはなりません。空港内をぶらぶらしたり、時にはベンチに横になってみたり、雑誌を読んだりと有り余る時間をつぶしてました。さて朝6時ごろになってフライトスケジュールを眺めていると自分が乗るはずの便がありません。チケットをもう一度確認すると朝8時ではなく夜8時だという驚愕の事実に気づき、一瞬呆然となってしまいました。しかし気を取り直して、さらに12時間、ぶらぶらしたり、インターネットカフェに行ってみたりしながら時間を潰しやっと出発の時間となりました。結局空港で約1日待ってました。ほんとに疲れました。

さて、最近はチェックインするのも楽じゃないですね。チェックインする前に、係員が「自分で荷物を詰めましたか?」「いつ・どこで詰めましたか?」「何が入ってますか」「誰かに頼まれた荷物がありますか?」などなど詳細に質問してきます。それをパスしてやっとチェックイン手続きにはいります。今回は係員の人が僕のことをブラジル人だと思ったらしく、やりとりはすべてポルトガル語でした。そこで初めて知ったのですが、サンパウロからサンフランシスコを経由して成田に行く便だと思っていたのが、実はシカゴを経由してサンフランシスコへ行き、そこから成田に行くということを知らされました。これも全くの想定外だったのですが、こんなことはブラジルではしょっちゅうあるのでもう慣れっこです。そんなこんなで、やっと出発。飛行機が飛び立つのと同時に爆睡してしまいました。

シカゴにて
シカゴは初めてだったのですが、オヘア国際空港はとてつもなくでかい空港です。到着したターミナルからモノレール?を使って別のターミナルへと移動します。到着した際係員に「あなたの出発ゲートはC15ですよ」と言われてました。素直にC15ゲートで出発時間を待っていて、出発30分前になっても、全然人が動こうとしません。出発20分前になってこれはおかしいと思い掲示板のフライトスケジュールを確認するとC15ではなく「C25」だったのです。結局はC15からC25まで全力でダッシュしてなんとか出発に間に合いました。その後は何のアクシデントもなく成田に到着しました。

今回の旅で学んだことは「人の言うことを安易に信じてはいけない」、「情報を何度も確認すること」ということです。続きはまた今度に。


[PR]

by dkaqua2005 | 2006-10-28 05:48 | 日本にて

明日出発!


いよいよ、明日出発です。
この1ヶ月、本当に多くの方達に激励の言葉を頂きました。ありがとうございます。
皆さんの期待に応えられるよう、がんばってきます。
それでは、これにて第一部、日本編を終了します。

次はいよいよブラジル編です。乞うご期待!

[PR]

by dkaqua2005 | 2005-06-22 15:59 | 日本にて

最後のスペイン語講座


約1年間続けてきたスペイン語講座のクラスに出席するのも今日が最後。

チリからやって来た研究員の方は、自分の研究もやりつつ、本当に熱心に教えてくれました(彼は日本語も学んでおり、かなりのレベルに達している強者です)。

自前のテキストを作ってくれて、最初は発音の仕方から始まり、挨拶の仕方、動詞の活用などの文法に加え、単語の由来やスペインと南米との発音や文化の違いなど、市販のテキストからは分からない多くのことを学びました。

不真面目な生徒だったので、まだ流暢には話せませんが、それなりに聞き取れるようになってきたし、なによりもポルトガル語を学ぶ上で本当に役立ってます。
Muchas Gracias, Don Victor!

南米にいる間に、サンティアゴに行くよ(多分ね)! Hasta la vista!

[PR]

by dkaqua2005 | 2005-06-17 19:37 | 日本にて

むぎっこ


小学3年生のときに僕らの前に現れた先生は、これまでの僕の人生の中で一番すばらしいクラスを作り上げた(先生は僕らのことを”むぎっこ”と呼んだ)。現代の子供達と同じく、様々な問題があったと思うが、先生一人で問題を解決するのではなく、児童全員に対し真剣に考えさせ、議論させて最良の結論を導き出すというやり方でひとつひとつ問題を解決して行った。そのおかげでクラスは次第にひとつにまとまり、とても楽しいときを過ごすことができた。いまでも、目を閉じるとみんなの子供の頃の笑顔が浮かんでくる。そして、今の自分との違いに思わず吹き出してしまう(昔はかなりやんちゃで、泣き虫だった)。

大人になった今でも、ときどきこのクラスの仲間(男女関係なく)と飲みに行ったり、遊びに行ったりする。そんなときは、やはり子供のときの気持ちに戻って楽しんでいる自分がいる。そして、自分の原点を再確認するいい機会でもある。このみんなと過ごした時間があるからこそ今の自分があるということを。みんなに出会えたことに感謝します。ありがとう。そして、また飲みに行こうね!

[PR]

by dkaqua2005 | 2005-06-13 11:59 | 日本にて