Tudo bem? ~ From SJC, SP, Brasil


ブラジル・サンパウロ州・サンジョゼ・ドス・カンポス市での日々の生活を伝えるブログです。
by dkaqua2005
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フォロー中のブログ
Links

ニッケイ新聞(日系人向けの邦字新聞)
サンパウロ新聞(上に同じ)
パラナ新聞(廃刊になったようです)
O Vale(サンジョゼの地元紙)
São José dos Campos
(サンジョゼのHP。英語版あり)
Verbix Português(動詞の活用に大活躍)
元々イギリス滞在記(お友達の研究者はるさんのブログ)
TROPICAL PARADISE BRASIL!!!(北東部Natalにお住まいの福岡人eminhaさんのブログ)
Olá gente!(ブラジル大好きかつ事情通のmikiさんのブログ)

今日の天気:






カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ブログパーツ
ブログジャンル

カテゴリ:SJCにて( 45 )


アパート



13 de Agosto

先月初めて、家賃というものを払いました。
(以前も書いたとおり、一人暮らし自体がはじめてなのです。)

僕の住むアパートでは、
家賃(部屋の使用料金)とCondomínio(共益費;アパート全体の管理に関する料金)
という2種類の支払いをする必要があります。前者は日本でも同じだと思います。
ですが後者は、門番をしてくれている人たちと掃除をしてくれている人たちの給料などに加え、各家庭の水道代とガス代も含まれており、これを住民全体で負担します。共益費に水道代などが含まれているとはちょっと驚きでした。ちなみに、電気代だけはなぜか別に請求書がきます(最近電気代が上がったようです)。

日頃ガスは使わないし、水もそれほど使わないのに、各家庭に対し平均的に割り当てられるのはちょっとふに落ちませんが、これがここのルールなんだと割り切るしかなさそうです。

そして今月も、請求書がやってきました。
給料が入ったばかりなので、ちょっと悲しい気分です。

[PR]

by dkaqua2005 | 2005-08-13 22:55 | SJCにて

映画



8 de Agosto

昨日、映画を見に行ってきました。
何を見たかというと、

「ハウルの動く城」
(ポルトガル語では O castelo animado)

です。なにをいまさらと思うかもしれませんが、日本では見ることができず、
ちょうどこちらでやっていたので、見てみることにしました。
もちろん、ポルトガル語に吹き替えられていました。

アニメなので内容は大体分かりましたが、やはり細かい設定や説明などは分かりませんでした
(誰か知っていたら教えてください)。
また、僕個人の意見として、この映画はポルトガル語との相性が非常にいいと思います。実際日本語版を見てないので比較のしようがありませんが、キャラクターや町(あるいは国)の設定とポルトガル語のセリフがうまくマッチしていて、これが本当に日本のアニメかと思うくらいでした。(日本語版で、ハウルの声はキムタクでしたよね。でも、ポルトガル語の声優さんもとてもよかったですよ)

料金は10へアイス(日本円で約480円)と非常にお手ごろで、
広い劇場には結局10人くらいしか人が入らず、十分くつろいで見ることができました。
次はハリーポッター4見に行こうかな(でも3見てないな.....)。


[PR]

by dkaqua2005 | 2005-08-08 21:02 | SJCにて

São Francisco Xavier



1 de Agosto

昨日、友達の運転で以前から行きたかったSão Francisco Xavier(SFX)という町へ行ってきました。この町の名前は、おそらく日本でもおなじみのサンフランシスコ・ザビエルにちなんでいるものと思われます。SJCから車で1時間半ほどの山間の町で、美しい山の稜線や滝などの自然を楽しむことができます(地形などは熊本の阿蘇によく似ています)。

SFXについてまずは腹ごしらえ。観光ガイドによると、この町で生産される椎茸の質はブラジルナンバー1であるということらしいので、椎茸を食べさせてくれる店を探すことに。
そして見つけたのがこのお店。
d0057785_23492978.jpg

おすすめメニューの一番下には”SHIITAKE”という文字が!
日本ではおなじみの、茶色で大きいカサをもつ椎茸のことをそのままshiitakeというそうです。ということで、椎茸のスパゲッティーと椎茸のあんかけ(?)がかかった鶏肉を3人で頂きました。
d0057785_23585272.jpg

料理に大満足な3人(左からマリショ、ホドリグそして僕)。

食後、まず最初に観光マップおすすめの滝を見に行きました。それほど大きくはありませんが、なかなか風情のある滝でした。
d0057785_02477.jpg

d0057785_03424.jpg

滝のマイナスイオンによって(?)エネルギーがMAXに達した人。

次に町を一望できるいい場所はないかと探したのですが、見つけることができず、日も暮れてきたため、あきらめて帰ることにしました。
d0057785_055041.jpg

美しい山の稜線。
今回は、お昼を過ぎて行ったため時間があまりありませんでした。なので、次回は早めに行って、もっといろんなところを見て回りたいです。

[PR]

by dkaqua2005 | 2005-08-02 00:22 | SJCにて

City Anniversary



28 de Julho

昨日は、SJCという町が誕生して238年目の記念日でした。
セントロ地区は大勢の人でにぎわっており、
町で一番古い教会では聖歌隊による合唱もあったそうです
(到着するのが一足遅く、残念ながら聞くことはできませんでした)。

原野が見渡せる道路沿いでは大勢の人が場所を確保し、
飛行機ショーが始まるのを待ってました。
d0057785_21463060.jpg

歩行者天国になった道路。
初めは日本の航空自衛隊のアクロバットショーのようなものを期待していたのですが、
実際にやってきた飛行機は1機でしかもプロペラ機。
飛行機の翼の上に人が立って、みんなの前を3,4回往復した後(約15分くらい)、
飛び去って行ってしまいました。
d0057785_214706.jpg

動く被写体をとるのはなかなか難しいものがあります。

ちょっと期待はずれではありましたが、楽しい祝日でした。

[PR]

by dkaqua2005 | 2005-07-28 22:05 | SJCにて

週末 その2



25 de Julho

そして日曜日、前回紹介した公園(Parque da Cidade)へ再び行ってきました。
前回は友達に車で連れて行ってもらったので気づきませんでしたが、公園のとなりには
線路が通ってました。ブラジルに着いて以来、はじめて「線路」を見ました(ちょっと感動)。
d0057785_224538.jpg


そして、公園内を再び散歩。公園内には日本ではみたこともないような巨木が立ち並んでいるので、ただ歩いているだけでも十分楽しむことができます。
d0057785_241310.jpg

巨木の並木道
d0057785_243490.jpg

この写真の背景にみえる家が、かつてリッチな一家が住んでいたという家です。どれだけリッチだったか少しは理解してもらえるでしょうか(建物自体はそれほど大きくありませんが)?
今回、もう一度カピバラのきれいな写真を撮ろうとがんばって探したのですが、幸運の女神は微笑んではくれませんでした。また、ハチドリも見かけましたが、さすがに普通のデジカメでは、あの高速な羽ばたきを捉えることはできませんでした。残念。

[PR]

by dkaqua2005 | 2005-07-26 02:18 | SJCにて

週末 その1



25 de Julho

先週の土曜日にセントロ地区にあるインフォメーションセンターに行ってきました。
本来は、町について最初に訪れるべき場所ではありますが、これまでいろいろと
忙しかったため訪れることが出来ませんでした。

そこは昔、市庁舎兼小学校だったところで、概観は昔のまま保存されています。
中には、SJCの情報を提供する部屋以外にも絵画が飾ってあったり、舞台があったりと
とても多目的なホールとなってます。
また、地下には町のスポーツ史を知ることが出来る展示があって、サッカーはもちろんのこと
バレーボール、バスケットボール、テニスなどさまざまな歴史的写真や記念品が飾られてました。

また、今週末にでも行ってみたいと思います。

d0057785_1461429.jpg

地下の通路に飾られている写真。
d0057785_147779.jpg

20世紀前半に撮られたSJCのサッカーチームの全体写真。
d0057785_151436.jpg

各種トロフィー。


[PR]

by dkaqua2005 | 2005-07-26 01:57 | SJCにて

Pastel(パステウ)



22 de Julho

Bom dia! 撮ってきましたよ!pastelの写真。大きさはだいたい手のひらサイズで、今日もまたPIZZAを頼んでしまいました(今回は火曜日のfeiraで会った日系人のpastel屋さんの弟さんのお店のものです)。中身は、ハム、チーズ、そしてトマトなどピザ風な内容となっており、揚げたてのものを出してくれるのでとっても熱いです。外の皮はサクサクっとしていて、中身はとろっとしているので、味はもちろんのこと食感もとてもいいです。pastelはfeiraだけでなく、ショッピングセンターなどでも売られています。ブラジルに来た際は、ぜひお試しあれ。
d0057785_2038992.jpg

d0057785_2039468.jpg



[PR]

by dkaqua2005 | 2005-07-22 20:55 | SJCにて

Feira



19 de Julho

Bom dia! 今日はterça-feira(火曜日)。feiraとは「市」という意味でその名のとおり街のどこかで朝市が毎日開かれています(朝6時半頃から12時頃まで)。幸運にも、火曜日と金曜日に僕が住むアパートの近くで朝市が開かれています。

火曜日の朝市は近所の公園の駐車場で行われており、野菜、果物、パン、肉、魚などがスーパーよりもずっと安い値段で売られています。
d0057785_20455340.jpg

ただ今のところ、僕の家には冷蔵庫がなく、調理器具もないため、野菜などを買うことができません。唯一の楽しみは、Pastelという四角い揚げ餃子のようなもので、朝市にはかかせない存在です。中身は肉、チーズ、ピザ、パウミット(味はタケノコに似てます)など様々な種類を選ぶことができます。今日はピザを食べてきました。
ちなみに、このpastel屋さんの店主は日系人の方です。もちろん、金曜日にも同じようにpastel屋さんがあるのですが、そちらにも日系人の店主がいて、火曜日の方とは兄弟だそうです(pastel屋さんは儲かるらしいです)。
早起きは三文の得とはいいますが、実際に早起きするとこんなにおいしい物が食べられるのです!

[PR]

by dkaqua2005 | 2005-07-19 21:00 | SJCにて

ある晴れた土曜日に



18 de Julho

先週の土曜日、友達のマリショさん(研究所で同じ部門に所属しています)と一緒に日本料理のお店に昼食を食べに行きました。そこは「山吹」というお店で、一品料理、ラーメン、うどん、そして定食などさまざまな料理を食べることができます(ただし、値段はちょっと高めです)。メニューを見ていて、「NATTOU」という文字に妙に引きつけられ、その定食を頼むことにしました。
ちなみに、接客の店員さんに「納豆定食」というと「うそでしょう!こんなもの本当に食べたいの?」という顔をされましたが、気にせずに頼みました。

定食の内容は、ご飯、貝の入ったみそ汁、キュウリの浅漬け、カボチャの煮物、豆腐、そして納豆という豪華なキャスティング(しばらく見てないと豪華に見えてしまいます)。
ちなみにマリショは、焼き魚定食を頼みました(焼き魚以外は前者とほぼ同じです)。
久しぶりに食べる納豆の味は、格別のものがありました。とてもおいしかったです(コックさんは日本人のかたで、福島県郡山市の出身だそうです)。

ところでマリショのふるさとは、パラナ州というサンパウロの南にある州で近くに日系人のコミュニティーがあるらしく、日本のことに興味津々(黒沢映画がお気に入り)。料理のこと、日本のことブラジルのことなどいろんな話で盛り上がりました。

昼食後、サンジョゼドスカンポス市が運営する公園へ行ってみました。そこは、昔あるリッチな家族の私有地だったものを市が買い取って公園として整備したところだそうですが、私有地だったにしてはとてつもない広さがあります(サッカー場、大きな池が3つくらい、地元の文化を紹介する博物館、etc. etc.)。また、池のまわりには普通に「カピバラ」という巨大な動物が生活しており、すぐ間近で見ることができます(推定体重およそ60kg)。
d0057785_2036486.jpg

とても、たのしい土曜日となりました。

[PR]

by dkaqua2005 | 2005-07-19 02:43 | SJCにて

サンパウロFC対アツレチコ・パラナエンシ



15 de Julho

昨夜、南米のクラブ最強を決定するリベルタドーレス杯南米選手権決勝戦、サンパウロFC対アツレチコ・パラナエンシの試合をテレビで観戦しました。

試合結果からいうと、4−0でサンパウロFCが勝ちました。

ゴールが決まるたびに、上の階や近隣のアパートから叫び声が聞こえ、窓からサンパウロFCの団旗を振って喜んでいる人もいました。また、近くの大通りからは花火が打ち上げられ、そのボルテージはLuizãoが3点目のゴールを決めた時に最高潮に達し、試合が終了すると深夜12時過ぎだというのに外はお祭り騒ぎ(試合が始まったのは9時半頃でした)。チームの応援歌(たぶん)が流れ、太鼓が打ち鳴らされ、無数の花火があちこちから打ち上げられてました。

自分も、大通りに出て一緒に騒ぎたい気持ちでしたが、この時間帯はちょっとあぶないので深夜の歓喜を聞きつつ眠りました。

ブラジル人は本当にサッカーを愛しているんだなと実感した貴重な夜でした。

[PR]

by dkaqua2005 | 2005-07-15 21:12 | SJCにて