Tudo bem? ~ From SJC, SP, Brasil


ブラジル・サンパウロ州・サンジョゼ・ドス・カンポス市での日々の生活を伝えるブログです。
by dkaqua2005
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フォロー中のブログ
Links

ニッケイ新聞(日系人向けの邦字新聞)
サンパウロ新聞(上に同じ)
パラナ新聞(廃刊になったようです)
O Vale(サンジョゼの地元紙)
São José dos Campos
(サンジョゼのHP。英語版あり)
Verbix Português(動詞の活用に大活躍)
元々イギリス滞在記(お友達の研究者はるさんのブログ)
TROPICAL PARADISE BRASIL!!!(北東部Natalにお住まいの福岡人eminhaさんのブログ)
Olá gente!(ブラジル大好きかつ事情通のmikiさんのブログ)

今日の天気:






カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ブログパーツ
ブログジャンル

カテゴリ:研究所にて( 67 )


インド人にビックリ


12 de março

うちの研究所にはブラジル人だけでなく、いろんな国からやってきた研究者がいます。日本、中国、インド、エチオピア、アメリカ、キューバそして南米の各国からの人たちです。さてインド人のRさんという方が同じ部門にいます。彼はもうすでに数年ほどブラジルにいますが、ポル語が全く話せません(かつてのヤンさんを彷彿とさせます)。でも陽気でとてもいい人です。さて彼について最近気になったことが一つあります。それはトイレ(大のほう)。一般的にインドでは大のほうをする際、用を終えると紙を使わず、水をかけながら左手でお尻をフキフキする、という習慣があるそうです。でもこれはインド国内に限ったことで、まさか外国に来てまでやらんだろう、と思っていました。だがある日、トイレに行って用を足していると個室からRさんの声が聞こえてきました。そして事が全て終わり水が流される音が聞こえた後、

「パシャ、パシャ、パシャ」

という水をかける音が聞こえてくるではありませんか!もしやこれは、あの伝説のヤツですか!その後Rさんは何事もなかったのごとく手を洗って出て行きました。彼が出て行った後、トイレを見たんですがもう水浸しでとても次の人が使える状態ではありませんでした。以前からトイレが異常に水浸しになっているのはなんでだろうと思っていましたが、全て彼の仕業だったんです。習慣だからついやっちゃうんでしょうが、後の人のことも少しは考えて普通に紙を使って欲しいです。ほんとインド人にビックリした出来事でした。

[PR]

by dkaqua2005 | 2009-03-13 08:59 | 研究所にて

ボスとインターネット


25 de fevereiro

今日の午後Bolsaの更新手続きをボスとともに行いました。一応この手続きはインターネットを利用して出来るようになっています。さて、該当するサイトにアクセスしたものの次にどこをクリックすればいいのか全く分かりません。すぐにブラジリアの担当者に電話で連絡し、その指示に従い手順を進めて行くのですがわけの分からない理由でことごとくはねられてしまいました。HPに書かれてある通りにやっているのに送信できない。また悪いことにボスのパソコンは非常に動作が遅く、ボスの怒りのメータが徐々に上昇して行くのが分かります。さらにそれに追い打ちをかけるように突然の雷雨のため停電してしまいジ・エンド。ボスの怒りは頂点に達し、「仮にも国の機関がこんなヘボサイトを放っておくのはおかしい」「奴らは何も仕事をしていない」などなど約1時間近く彼らへの悪口を聞かされました...。なんだか今日は無意味に疲れてしまった。もう今日は断念して明日へ持ち越し。明日はきっといい日になりますように。(ちなみにインターネットに関するトラブルは日常茶飯事で起こってます。トホホ。)

[PR]

by dkaqua2005 | 2009-02-26 08:40 | 研究所にて

事故


18 de fevereiro

今日のお昼過ぎ研究室にいるといきなり天井から

どーん

という音が聞こえてきました。何だ?誰か建物の上にあがってジャンプでもしているのかと思っているとまた

どーん

と建物を揺るがすほどの振動が起こりました。ブラジルでは地震はほぼ起こらないし震動は天井から聞こえているので何だろうと思っているとまた

どーん

という音が。これはおかしいと各部屋からみんなでてきて何が起こっているんだと話始めました。何が起こっているのか誰も分からず呆然としていると、速報が入ってきました。なんと研究所の隣に隣接する空軍基地で爆発が起こったとのこと。外をみると確かに煙が立ち上っています。現場からは建物までは、そうですね約500mほどの距離があります。ということはどーんと建物を揺るがしたのは衝撃波だったんでしょう。それにしてもすごい威力。事故のすさまじさを如実に語っています。

夕方グローボのニュースをチェックしていると早速この記事が載ってました。グローボによる報道
d0057785_8421980.jpg

今のところ、けが人が一人でたようですがそれ以上詳しいことは分かっていません。これ以上の犠牲者がいないことを切に願っています。


[PR]

by dkaqua2005 | 2009-02-19 08:44 | 研究所にて

同室の困ったちゃん


17 de fevereiro

研究所の居室は6人でシェアしています。僕以外はみんな学生さんです。そのなかに女の子がいるのですが彼女がかなり困ったちゃんなのです(でも多分僕限定で)。というのもよくしゃべるんです。ミナス出身というのも手伝ってか、かなりのマシンガントークでしかも声が大きいので彼女が話し始めると仕事になりません。。。他の人は慣れているのかなんともないようですが、僕にはちょっと無理です。まあ、彼女も悪気があってやっているわけではないので怒るのも気が引けてしまいます。ときどき「Você fala muuuuito!」っと冗談で言ったりはしていますが、それもどこ吹く風彼女に全く変化はありません。ブラジル人は基本的におしゃべり好きなのでみんなよく話すんですが、彼女のはそれを遥かに超えています。う〜ん、どうしたものか。

[PR]

by dkaqua2005 | 2009-02-18 05:11 | 研究所にて

レストラン


10 de fevereiro

研究所にはレストランとランショネチ(軽食店)があってどちらでもお昼ご飯を食べることが出来ます。どちらもポルキロという量り売りで1キロあたりの重さで値段が決まっています。さて、研究所のレストランは昨年新装開店して新しい業者さんが入ったのですが、その評判は二分されています。値段はどちらも同じくらいなのですが、以前に比べるとレストランの食事の質はかなり落ちたように思います。種類があまり豊富ではないし、肉はいつも変なタレがついていて肉の味を損ねているし野菜もあまり新鮮ではありません。唯一いいところをあげればジュースがただで飲めて、シュハスコが食べられるということぐらいでしょうか。一時期あまりにも客足が途絶えたのでどこが悪いのかわざわざランショネチ入り口に店員が立ってアンケートを取っていたこともあります。にも関わらずあまり改善された形跡は見られません。一人でお昼を取る時はレストランの方へいくんですが、それは知り合いが誰かいないかと思って行くだけであって食事の味は全く期待していません。いつになったら改善されるんだろうか?今後に期待したいと思います。ちなみにランショネチも数段にいいとは言い難いですが、レストランよりもましという程度です。

[PR]

by dkaqua2005 | 2009-02-11 08:05 | 研究所にて

セミナー週間


18 de novembro

先週と今週はセミナーがたくさん行われています。
というのも電離圏分野で著名なケリー博士が我が研究所に来られているからです。さらに今日同じく著名なフェジャー博士も来られました(ちなみにフェジャー博士はブラジル人です)。この機会を活かそうとチュートリアルを兼ねたセミナーが行われている訳です。様々なトピックに関して過去の研究から順をおって話して頂いているのでとても勉強になります。ただ一日おきにセミナーがあるので仕事が中断されるのがちょっと痛いですが...。明日もまる一日セミナーです。さらにあさってには僕自身が発表するセミナーもあり、また学会の準備もあるので今週はてんやわんやの日々が続いてます。ナタウまであと少し。ロングバケーションを満喫するためにも今が踏ん張りどころです。

[PR]

by dkaqua2005 | 2008-11-19 09:02 | 研究所にて

宇宙天気予報のHPができました(ベータ版)


27 de junho

今日の午前研究所にて、宇宙天気予報を伝えるホームページのベータ版の完成を祝してお披露目式がありました。まずは完成を祝って所長からお言葉をいただき、その後研究所が今後どのようなものを提供していくのかまたそれを実現するためのタイムテーブルなどを総責任者の方が説明した後、いよいよホームページのお披露目です。実はその前に南部のサンタマリアという町におられる研究者の方とSkypeを利用してもっと詳しい展望などを披露する予定だったんですが、いつもながらのインターネットトラブルにより急遽中止となりました。なんでこんな時に...まあいつものことなので仕方ありません。

さて、出来上がったHPをご覧ください。

宇宙天気予報のHP

なんとも美しく出来上がっています。まだベータ版なので内容はあまり充実していませんがこれからもっとよくなっていくはずです。そのうち僕にもなにか仕事が回ってくるかも。

中央に4つのバーがありますが、それぞれ
sol (太陽の様子:SOHOが捉えた4つの異なる波長の極紫外線イメージと1988年からの太陽黒点の推移)
meio interplanetário(ブラジル南部サンマルチーニョデセッハで観測された宇宙線のデータ)
campo magnético(地球の周りを流れている環電流の強度Dstとブラジルでの磁場の変動)
terra(GPSが捉えたブラジル上空の電離層の擾乱)
となっています。

日本やその他の国ではもうだいぶ前から宇宙天気予報のシステムがあり実用段階にまで達していますが、ブラジルはまだ誕生したばかりです。これからどんどん発展して行くことを期待しています。

[PR]

by dkaqua2005 | 2008-06-28 06:54 | 研究所にて

プリンター


20 de junho

久しぶりに続けてUPです。先週ボスにプリンターを買ってもらいました。ヒューレット・パッカード(HP)のPhoto smart C4280というタイプのものでプリンター、スキャナー、 コピー機能が付いているという優れものです。さてセットアップを試みたのですがプリンタ機能だけがうまく動作しません。いい忘れましたが、僕はMacユーザーでMacにはなにかとトラブルはつきものです。ということで、HPのカスタマーサービスにメールで質問して解決を試みました。ポルトガル語はいまいちよくわからんので、アメリカのカスタマーサービスに助けを求めました(日本のサイトには同じモデルはありませんでした)。問題点は次の通りです。

「スキャナー、コピーは問題ないがパソコンからプリントをしようとする際異常に時間がかかる。また時間がかかるだけでなく、単なるテキストのプリントさえも1/4程度印刷すると一枚吐き出し、次の紙を給紙してプリントしようとする」

というもの。当初はプリンタのドライバがMacのバージョンアップにあっていないのかと思い、カスタマーサービスの指示通り再インストールを何度も試みましたが症状は全く改善されませんでした。こんな感じで1週間が過ぎた今日、ふとあることに気づきました。このプリンタとパソコンとはUSBケーブルでつないでいるのですが、果たしてUSBケーブルは大丈夫なのかと。プリンタを買った際、お店の人がこのケーブルなら大丈夫と言われるがままに買ったケーブルの説明書をみると「USB1.1」とあります。最近のパソコンはだいたい「USB2.0」が主流で僕のパソコンも例外ではありません。これが原因だと思い、すぐにUSB2.0ケーブルを持っている友人を探してそのケーブルを借り試した所あっというまに問題解決!!!この1週間の努力はなんだったんだ...

同じ様な問題に遭遇したらケーブルを見直して下さい(えっ、そんなお間抜けな人はいないって?それは失礼しました....)。
[PR]

by dkaqua2005 | 2008-06-21 11:47 | 研究所にて

研究とポルトガル語


27 de maio

現在の仕事について早2ヶ月。ようやく新しい部屋にも新しい研究にもなじんできました。最近は新しいボス主導のミニセミナーに参加し始めました。元々は学生さん向けのもので、英語の論文をボスがポルトガル語に訳して論文の内容をみんなで理解するというものです。難しいポル語はいまいち分かりませんが、英語の論文を読みながら説明していくので何を話しているのかはだいたい想像できるし、研究とともにポル語のいい勉強になっています。新しいボスも以前のボスと同様話し好きで、一旦話が逸れると1時間近く話し続けることもあります。話が逸れるときは必ず所長を糾弾する話ですが...
でも、観測を主にやってきた人ですが理論についてもしっかりと理解しており、話を聞いていてとっても楽しいし勉強になります。このセミナーはほとんど毎日やっているんですが全く飽きません。これからも科学の知識とポル語のスキル両方をしっかりと体得して行きたいと思います。

[PR]

by dkaqua2005 | 2008-05-28 10:42 | 研究所にて

大統領がやってきた!



13 de março

今日研究所にルーラ大統領がやって来ました。ルーラ大統領が乗っているであろう車が僕がいる建物の前を通ったのですが、車の窓はしっかりと閉じられており、直に顔をみることはできませんでした。研究所内なのでテロにあう確率は限りなく低いのになぜ顔を見せなかったのか不思議でなりません。

大統領はサンジョゼ市長や所長らとともに会見を行いました。その会場には残念ながら入ることはできなかったんですが、イントラネットを通した中継でその様子を見ました。はやすぎてなんと言っているのか分かりませんでしたが、「この研究所はすばらしい」「ブラジルの誇りだ」などと褒め称えていたそうです。また口が滑って(?)職員の給料をあげる、と宣言したようです。ただこれが現実となるかどうかは全く分かりません。

大統領が研究所にやって来ましたが、実際にはみることができないまま、今回の来訪は終わってしまいました。残念。

VNewsより転載

13/3/2007 18h 18m
Presidente Lula visita São José dos Campos e elogia Inpe

O presidente Luís Inácio Lula da Silva desembarcou hoje (13) em São José dos Campos e visitou o INPE - Instituto Nacional de Pesquisas Espaciais.

O presidente chegou pouco antes das 15h e foi direto para o Lit (Laboratório de Integração e Testes) do INPE. Ele entrou na nova Câmara termovácuo, que está em fase final de montagem, e também inaugurou a nova câmara usada para medir a interferência eletromagnética em equipamentos.

Acompanhado pelo diretor do Inpe, Gilberto Câmara, e pelo ministro da Ciência e Tecnologia, Sergio Resende, Lula conheceu detalhes do satélite CBERS-2B, o terceiro feito em parceria com os chineses.

Lula ainda elogiou o Instituto e falou da necessidade de valorizar os pesquisadores. Mas disse que sem ensino fundamental de qualidade, o Brasil não terá novos cientistas:

- Nós precisamos criar condições para que os estudantes do ensino fundamental, venham a ser cientistas tão importantes, como esses cientistas que nós estamos elogiando hoje – disse o presidente.

O presidente ficou na cidade até as 17h30, quando retornou para Brasília.

[PR]

by dkaqua2005 | 2007-03-14 06:20 | 研究所にて