Tudo bem? ~ From SJC, SP, Brasil


ブラジル・サンパウロ州・サンジョゼ・ドス・カンポス市での日々の生活を伝えるブログです。
by dkaqua2005
フォロー中のブログ
Links

ニッケイ新聞(日系人向けの邦字新聞)
サンパウロ新聞(上に同じ)
パラナ新聞(廃刊になったようです)
O Vale(サンジョゼの地元紙)
São José dos Campos
(サンジョゼのHP。英語版あり)
Verbix Português(動詞の活用に大活躍)
元々イギリス滞在記(お友達の研究者はるさんのブログ)
TROPICAL PARADISE BRASIL!!!(北東部Natalにお住まいの福岡人eminhaさんのブログ)
Olá gente!(ブラジル大好きかつ事情通のmikiさんのブログ)

今日の天気:






カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ブログパーツ
ブログジャンル

<   2006年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧


金曜日は大変の巻



28 de abril

先月から毎週金曜日に、「データ解析コース」というのをやってます。生徒は、うちの研究室の学生さん+ボスだけなんですが。自分のやっている研究を彼らに詳しく教えるのがこのコースの目的です。最初は、自分の研究の説明を詳しくして、その後それに関するトピックスをいろいろと教えています。ただデータ解析の基礎を教えるはずが、だんだんと乱流の講義へと変わってきてしまって、準備する時間が研究する時間よりも多くなっているのがちょっと難点です。でも学生の頃に学んだことをあらためて復習していると、いがいと自分の研究のヒントになるような事柄がたくさんあることに気づきます。研究だけをしていると、しばしば自分が考えられうる範囲内に固定されがちですが、授業(僕の場合は授業というよりもゼミですが)をしているといろんな面白い(とっぴな)質問が飛び出てきて、また違った面から物事を見つめるチャンスを与えてくれます。準備は大変ですが、頑張って続けていこうと思います。


[PR]

by dkaqua2005 | 2006-04-29 07:10 | 研究所にて

所長の決意



27 de abril

今日学生さんから聞いたのですが、わが研究所の所長が研究所で働く者皆に向けて次のような提案をしているそうです。

1. 研究所で働く者に勤務時間のコアタイムを設ける。
   朝8時~午後5時半まで

2. 研究所内の電気は朝7時半~午後5時半の間だけ使え、それ以外は電源を落とす。
   土日・祝日は全てカット。

その他いろいろ

1番目の提案ですが、僕にとっては何の苦にもならないのですが、一般に研究者という人たちはそれぞれ活動時間が違うわけで、朝型の人もいれば夜型の人もいます(朝方まで実験をする人もいます)。そんな人たちにコアタイムを設けるというのは酷な話です。

2番目の提案ですが、これは断固反対です。電気代の節約というのは分かりますが、なにも全ての電気を落とす必要はないと思います。実際、夕方というのは結構頭が冴えてきて研究にはもってこいの時間です(朝もいいですが)。そんなときに電源を落とされては仕事になりません。
また、昼間はいろいろと雑用があったりしてなかなか研究の時間が取れなかったりします。

なぜこんな提案をしたのかその真相はよく分かりませんが、この所長の提案が棄却されること願ってます。


[PR]

by dkaqua2005 | 2006-04-28 07:08 | 研究所にて

見逃した!



26 de abril

実は昨日、ブラジル人初の宇宙飛行士ポンテス大佐がうちの研究所に来ていたそうです。学生さん達はちゃっかりと彼の特別講演を聞いて、一緒に写真も撮ったとウキウキしながら話していました。「なんで、教えてくれなかったんだ!」といっても時すでに遅し。とても残念です。


[PR]

by dkaqua2005 | 2006-04-27 06:07 | 研究所にて

ちょっと訂正



26 de abril

以前、ヒオ・グランジ・ド・スウ州に行ってた友達から送られてきた写真の中にSuperDIGIT-KUN という日本の観測チームが設置した計器の話をしました。今朝、この計器を設置した研究室に所属されていたKさんから久しぶりにメールを頂き、僕の記事に対して次のコメントをいただきました。

以下、メールから抜粋:

(SuperDIGIT-KUNは)正確には磁力計ではなく、データロガーです。船舶航行用の信号電波を受信して、正確な時間とともに磁力計からのデータをメモリーカードに記録します。最近は、GPSを使うので、このシステムはもう使っていません。

ということらしいです。Kさん正確な情報ありがとうございました。

もともと僕がこの分野(宇宙プラズマ)に足を突っ込んだのは、地上観測(主にオーロラの観測)をやりたいがためだったんですが、いろいろと紆余曲折があり、現在は主に地球物理データの新しい解析手法の開発に従事しており、当初やりたかった観測とは程遠い仕事をしています。

ほとんどの人が多かれ少なかれ、当初描いていた目標というか進路からずれているのではないでしょうか?僕の進路は常にずれ続けていますが、なかなか満足のいくずれ方をしていると思っています。みなさんはどうでしょうか?

[PR]

by dkaqua2005 | 2006-04-26 07:22 | 日々雑記

チーズフォンデュ



24 de abril

先週の土曜日、いつものようにフットサルをやった後、サッカー仲間のClezioさんにフォンデュパーティに誘っていただきました。ポルトガル語では「フンジ」というらしいです。夜8時ごろ彼のお宅に行くと、まだ誰も来ておらず彼と彼の奥さんがせっせとフォンデュの下準備をしていました。今回は、チーズだけでなくチョコも用意されており、お決まりのパンだけでなくイチゴやりんご、柿、ぶどうなどさまざまなフルーツが用意されていました。しばらくして、その他の招待された人たちもやって来てフォンデュパーティが始まりました。フォンデュを試すのは今回が初めてだったんですが、チーズもチョコもたまらなくおいしい!Clezioさん曰く、フォンデュ用のチョコには12年もののウィスキーを混ぜていただくのがベストだそうで、確かにかなりおいしかったです。
また、フォンデュとともにチリ産のワインを飲むともう大満足(結局みんなで4本のワインを空けてしまいました)。本当に楽しい(おいしい)週末でした。


[PR]

by dkaqua2005 | 2006-04-25 07:21 | SJCにて

Tíradentes



20 de abril

明日は「チラデンテスの日」と呼ばれる国民の休日の日です。

チラデンテスとは、ブラジルで独立革命を起そうとした人の俗名で、彼は軍人であり、歯医者でもありかなり優秀な人だったようです(チラデンテスという俗名はtira dentes(歯を抜く)からきていると思います)。しかし、彼の革命運動は失敗に終わり、処刑されてしまいます。しかも、頭、腕、足などを八つ裂きにされたそうです。

こんな悲惨な結末を迎えたチラデンテスですが、現在のブラジル国民は英雄としてその功績を称え休日にするところなんかはちょっと変わってますよね。ポルトガル語の先生は、「八つ裂きにされるくらいなら、英雄になんかなりなくない」と皮肉をいってました。

まあそんな理由で明日は先週に続きまたお休みです。この休暇中にいままでやったポルトガル語の復習でもするかな。


[PR]

by dkaqua2005 | 2006-04-21 06:25 | 日々雑記

久々の更新



19 de abril

最近更新をさぼっててすみません。
いろいろと忙しくてブログを書く時間がありませんでした。

今週やっとお給料を頂いている研究基金団体(通称FAPESP)に年間報告書(兼更新願い)を提出しました。もう一年ブラジルにいられるかどうかは6月下旬頃にならないと分かりません。6月下旬といえばビザもちょうど切れる頃。ポスドク期間はまさにサーカスの綱渡りといっしょで、非常に不安定です。僕の今後の生活はどうなるのでしょうか?後はもう神頼みです。神様なにとぞよろしくお願いいたします。


[PR]

by dkaqua2005 | 2006-04-20 07:44 | 日々雑記

Paixão (good friday)



15 de abril

昨日は、Paixão (good friday)と呼ばれる国民の祝日の日でお休みでした。
昼食後久しぶりにセントロへ散歩に出かけてみると95%以上の店が閉まっており、通りも閑散としていました。
d0057785_6461886.jpg

その後セントロから北の方にあるセンタバリーショッピングまでぶらぶらとお散歩。
d0057785_648748.jpg

途中で見かけた花。
ショッピングセンターでは本屋さんにいってあれこれ本を見て回って、家路につきました。

さて、夜になって外がなにやら騒がしいなと思って大通りの方へ歩いていくと、大勢の人が手にロウソクを持ち大行列をなして行進しています。日曜日がキリスト教の復活祭なのでそのイベントの一環だと思います。
d0057785_6525995.jpg

通りの各地点に舞台が設置されていて、キリストの生誕から処刑そして復活するまでの様子をこの行進の途中に設けられた舞台上での劇によって知ることができます(ピンボケしててすみません)。
d0057785_6532287.jpg

大行列の人々(またピンボケしててすみません)。
本当に、宗教というものが生活の一部なんだなと感じた日でした。


[PR]

by dkaqua2005 | 2006-04-16 06:58 | SJCにて

サントス優勝!



12 de abril

日曜日に行われた試合でサントスがポルトゲーザに2-0で勝利し、サンパウロ州選手権で優勝しました!!最近調子が出ない日系3世のホドリゴ・タバタは後半にちょろっと出ただけでしたが。
しかも、サントスがこの選手権で優勝するのは21年ぶりだとか。応援し始めたばかりでこの快挙。とてもうれしいです。でも、研究所にいるほとんどの人がサンパウロかコリンチャンスのファンなので、とても肩身が狭いです。

いつもと同じように、試合終了直後に近くの大通りに車に乗ったファンが集まり、ドンちゃん騒ぎ。でも小一時間であっという間に収束してしまいました。本場サントスでは機動隊が出るほど騒いだようです。サンジョゼのサントスファンはちょっと肩身が狭い今日この頃です。


[PR]

by dkaqua2005 | 2006-04-13 09:02 | 日々雑記

ブラジル人宇宙飛行士第一号



8 de abril

ちょっと報告が遅くなりましたが、ブラジル初の宇宙飛行士が先月末に宇宙へ飛び立ちました。

サンパウロ新聞より======================

ブラジル人宇宙飛行士第一号

 ヴィノグラドフ(指揮官、ロシア)ポンテス中佐(ブラジル)、ウイリアムス技師(米国)の三名を乗せた宇宙船ソユーズTMA―8号は、予定通りカザキスタン基地から二九日、ブラジリア時間の午後一一時三〇分に無事打ち上げられた。

 國際宇宙ステーション(ISS)をめざすもので、ポンテス中佐は、ISSから四月八日に地球帰還予定である。

===============================

彼は、ブラジル空軍出身の軍人だそうで、サンジョゼとのつながりも深い人のようです。サンジョゼのHPによれば、宇宙でフェイジョンと呼ばれるブラジル産の小豆の生育を研究するようです。こういうことはどこの国も考えることは同じですね(日本では宇宙酒が発売されたようですね)。
また、ブラジルのニッケイ新聞によれば、ポテンス大佐はまだ順番的に宇宙へ飛び立てる位置にはいなかったところをブラジル政府が1000万ドル提供したことにより、その差を一気に飛び越えて順番が回ってきたそうです。どうやらルーラ大統領の再選へ向けての点稼ぎのようですが、理由はどうであれブラジル国民はブラジル初の宇宙飛行士が誕生したことを素直によろこんでいるようです。宇宙産業へのブラジルのこれからの活躍に期待したいものです。


[PR]

by dkaqua2005 | 2006-04-09 07:18 | 日々雑記