Tudo bem? ~ From SJC, SP, Brasil


ブラジル・サンパウロ州・サンジョゼ・ドス・カンポス市での日々の生活を伝えるブログです。
by dkaqua2005
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フォロー中のブログ
Links

ニッケイ新聞(日系人向けの邦字新聞)
サンパウロ新聞(上に同じ)
パラナ新聞(廃刊になったようです)
O Vale(サンジョゼの地元紙)
São José dos Campos
(サンジョゼのHP。英語版あり)
Verbix Português(動詞の活用に大活躍)
元々イギリス滞在記(お友達の研究者はるさんのブログ)
TROPICAL PARADISE BRASIL!!!(北東部Natalにお住まいの福岡人eminhaさんのブログ)
Olá gente!(ブラジル大好きかつ事情通のmikiさんのブログ)

今日の天気:






カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ブログパーツ
ブログジャンル

<   2006年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧


日本から新しい仲間が加わりました。



29 de junho

今日、日本から若手研究者がやって来ました。
彼はかなりの長身で、バスケや野球をやっているということもあってスポーツマンらしく
(髭が伸びきっているのを除けば)清々しい好青年です。
2ヶ月間という期間限定の来伯ですが、これから研究室が賑やかになりそうな予感です。

彼と話していて気づいたのですが、普段は日本語をほとんど話さないので
英語やポルトガル語の日本語訳がとっさに浮かばないことがあります。
僕の日本語は少しずつポルトガル語に侵食されていっているようです。
特に、丁寧語、謙譲語、尊敬語などはよくよく考えないと適切な言葉が出てきません。
そろそろ、日本語の勉強も必要かも。


[PR]

by dkaqua2005 | 2006-06-30 06:11 | 研究所にて

Festa Junina



24 de junho

昨晩、僕が通っている英会話(葡会話)学校でパーティーがありました。
いつもは研究所で授業を受けているので自分の先生しか知りませんでしたが、もちろんその他にもたくさん先生や生徒さんがいるわけで、ちょっとどきどきしながら参加してみました。

着いた当初は、ほとんどの参加者が子供たちで、話相手になりそうな人は先生たちぐらいでしたが、研究所で知り合った人がちょうどやって来たのでしばらく彼と(まだ英語を上手く話せない)彼の友達とおしゃべりをしていました(英語とポルトガル語を混ぜながら)。

彼は「漢字」がお気に入りらしく、ネット上に漢字のことを詳しく紹介しているHPがあるというのを教えてくれました。ブラジルでは漢字はデザインとして結構人気があることは以前から気づいてましたが、ここまで筋金入り(?)の漢字ファンにあったのは初めてです。

さてこのパーティでは、校長さんや受付のおねえさんたちが用意してくれた、ホットドック(cachorro quente)やケーキ、この地方ならではのブリーリョ・カイピーラ?(ちょっと記憶があいまいです)という肉をパン粉(とうもろこしだったかも)で包んで揚げたものなど、いろんな料理やジュースなどがありました。どれもすごくおいしくて、これらを食べられただけでも来たかいがありました。

人がだいぶ集まってきたところでビンゴ大会スタート!先生たちが用意した景品をかけて、みんな真剣に自分の用紙とにらめっこしてました。僕の結果は...全てハズレでした。Que pena, né!

こういう、幅広い年齢層が集まるパーティに参加したのは初めてでしたが、とても楽しく有意義なときを過ごすことが出来ました。

[PR]

by dkaqua2005 | 2006-06-25 07:28 | SJCにて

今日から冬です



21 de junho

ブラジルは今日から冬となりました。日中は気温が27度くらいまで上がって非常に暑いのですが、やはり朝晩はかなり冷え込むようになりました。最近寒さ対策に薄手の布団を買いました。しかし、ブラジルの家やアパートの作りは結構いいかげんで、あちらこちらに隙間があり、そこから寒風がぴゅーぴゅーと入ってきます。なのでいつも布団の中でアルマジロのように丸くなって寝ています。まあ、実家に比べればなんてことないんですが、日中との気温差が激しいため余計に寒さを感じます。

さて、話は変わっていよいよ明日はブラジル対日本戦です!周りの人が決まっていうことは、
「明日は家からでないほうがいいよ」
ということです。特に日系人の友達はブラジル人でありながら日本人の顔をしているので、何か起こるんじゃないかと心配しているようです。しかし、明日は普通どおりに出勤しますし試合はブラジル人の友達の家でブラジル人に囲まれながらジーコジャパンを応援します!

頑張れ、ニッポン!

[PR]

by dkaqua2005 | 2006-06-22 07:51 | 日々雑記

ブラジル戦=Feriado?



16 de junho

昨日はコーパス・クリスチというキリスト教にちなんだ国民の休日でした(サンパウロではすごく大規模な集会があったようです)。

火曜日にW杯で盛り上がったばかりなのにまた休日。そして明日は土曜日。日曜日はまたブラジル戦があるので大盛り上がり間違いなし。今年はやたらと休日が多い上に、ブラジル戦がある日は平日でも休日のようになってしまうので、仕事が手につきません。

やれやれ、W杯が始まってうれしいものの内心早く終わってほしいとも思ってます。


[PR]

by dkaqua2005 | 2006-06-17 04:19 | 日々雑記

ブラジル初戦の日



14 de junho

昨日のつづきです。

午後3時過ぎ、研究所の近くに住む友達のうちへ向かいました。

到着するとすでにみんなテレビ前に陣取っていてました。また、その後もぞくぞくと人がやってきます(最終的に20人はいたんじゃないかな)。そして、まだお昼ではありましたがビールを飲みつつ、試合が始まるのを今か今かと待ってました。

午後4時、キックオフ。

前半(primeiro tempo)は、カカやホナウジーニョ・ガウーショそしてホベルト・カルロスがいい動きをしてクロアチアを圧倒していました。その一方で、ホナウド.....。ゴール前で絶好のチャンスがあったのですが動きが鈍く、ボールに届かず。ブラジル人の間で「ホナウドは太りすぎだ」というのが一致した意見です。ともあれ、前半終了間際、カカのミドルシュートがクロアチアゴールに突き刺さりGOOOOOOOL!!!!一緒に観戦していた女性たちが悲鳴のような叫び声を上げ、通りからはトランペットや花火の音が鳴り響いてました。

後半(segundo tempo)には動きの鈍いホナウドに変えてホビーニョ登場!しかし、クロアチアの攻守の前になかなか追加点をあげることができず、そのまま試合終了。内容はそれほどよくありませんでしたが、とにかく勝ったのでOKです。

試合後はもうお祭り状態です。深夜遅くまでおしゃべりしたり、ダンスをしたり最高に楽しい1日でした。

13 de junho

現在、午後2時過ぎですが研究所内はひっそりとしています。というのも、ほとんどの人が昼食後帰ってしまったからです。ブラジルの初戦は4時からだというのに...。

研究所の近隣からは頻繁に花火が打ち上がっています。

おそらく、セントロやショッピングセンターに行けばもっと人が集まっていて、ドンちゃん騒ぎをしていることでしょう。まるでお祭りがあるかのように。

僕ももう少ししてから、試合を観戦しに行きます。頑張れブラジル。


[PR]

by dkaqua2005 | 2006-06-14 02:17 | 日々雑記

6月はお祭りシーズン?



9 de junho

いよいよW杯が始まりました!みなさん、如何お過ごしでしょうか?

今月(6月)はブラジルにとって特別な月なようで、月末に各地でFesta Juninaと呼ばれるパーティー(お祭り?)が催されるようです。今年はW杯も加わるので例年以上に盛り上がること間違いなしですね!しかし、いったいどんなことをやるんだろうか?
蓋を開けてのお楽しみです。


[PR]

by dkaqua2005 | 2006-06-10 05:35 | 日々雑記

W杯警戒注意報



8 de junho

サンパウロ総領事館から以下のようなメールが届きました。

平成18年6月8日
                                  サンパウロ総領事館

             サンパウロ安全対策情報
~サッカーファンによる騒ぎに注意を~
 
 
明日6月9日からワールドカップドイツ大会が開催されます。
ブラジルの試合(予選リーグ)は、当地時間
     6月13日(火)  クロアチア戦    16:00~
    6月18日(日)  オーストラリア戦  13:00~ 
    6月22日(木)  日本戦       16:00~
の予定で行われ、
  ○ 熱狂的なサッカーファンによる暴動(特にアルコールを提供する店)
  ○ 対ブラジル戦(6/22)における日本人とブラジル人とのトラブル 
  ○ 広場やモニタービジョン設置場所等人が多く集まる場所での雑踏事故
  ○ 街頭等での応援で生じる交通渋滞
等々が予想されます。

 当地の警察当局は特段の警戒は要しないとしていますが、不測の事故やトラブルに巻き込まれないよう念のため次のような点にご注意下さい。
  ○ 試合後、特に夕方の試合の後はなるべく外出を避ける。
  ○ 広場等大勢の人が集まるような場所へは近寄らない。特に酒に酔っているサッカーファンには近づかない。
  ○ 目立つ服装や日本代表のユニホーム等シンボル的な物の装着はなるべく避ける。
   ○ 期間中、交通渋滞が予想されるところ事故を起こさないように十分注意をして運転する。
                               以  上

ブラジルが試合をする日は、ほとんどの人が午前中で仕事を切り上げ家などで試合を観戦するようです。ちなみに日本の初戦はブラジルでは午前10時から始まります。どこで見ようかな。

[PR]

by dkaqua2005 | 2006-06-09 05:35 | 日々雑記

カンポス・ド・ジョルダオン リターンズ



7 de junho

先週、学会のエクスカーションで再びCampos do Jordão に行ってきました。サンパウロで一番高いところにあるだけあって、とっても寒かったです。今回は、街の中心からちょっと離れた山奥にあるPesca na montahnaというところに行ってきました。そこでは、お金を払えば釣りや乗馬サイクリングなど自然を満喫できるレジャーができます。しかし、ちょっとお値段が高いので(ブラジルの人にとってですが)今回は散歩をしながら自然を楽しんできました。

d0057785_6143834.jpg

Campos do Jordãoの玄関口
d0057785_6151465.jpg

レストラン
d0057785_6153723.jpg


d0057785_61658.jpg

僕以上に自然を満喫している人

やはりCampos do Jordãoはすばらしいところです。サンパウロに来ることがあれば、ここを訪れることをぜひお勧めします。あ、そういえばサンジョゼに帰る途中、南十字星(Cruzeiro do sul)をみんなで見て帰りました。4つの星がきれいに十字架を描いており、そのバックには天の川が横たわっていて、予想以上の美しさでした。

[PR]

by dkaqua2005 | 2006-06-08 06:25 | 学会

イーニョ



6 de junho

昨日、先週学会に参加したためにできなかった分のポルトガル語の授業がありました。
いつもは研究所内でやっているのですが、昨日は臨時の授業ということで英(葡)会話学校で行いました。家から歩いて数分のところにあるのですが、毎月の月謝を払いに行く以外はほとんど行くことはありません。

授業が終わったあとについでに月謝を払おうと受付にいくと、受付のお姉さん(といっても年下でしょうが)とこのスクールの校長がなにやら話していました。彼女たちと話をしていて(もちろんポルトガル語で)、ブラジル人は頻繁に-inhoという表現を使ってしまうという話題になりました。

たとえば、いつも月謝を払うときぴったりその金額で払うですが(そしていつも驚かれるんですが)、受付のお姉さんはいつもcertoという代わりにcertinho(ぴったしよ!)というし、さよならをいうときもTchauという代わりにTchauzinho!といいます。普通に言うよりも、もっと親しみがこもった言い方になります。

ちなみに、ブラジル代表のホナウジーニョ(日本ではロナウジーニョ)も元々Ronaldというところを親しみを込めてRonaldinhoと呼ばれています。

その他の例:
café -> cafezinho (コーヒー)
bairro -> bairrinho (郊外)
churrasuco -> churrasuquinho (シュハスコ)
João -> Joãozinho (ジョアン、男性の名前)
gata -> gatinha (メス猫、美しい女性)

ポルトガル語の豊かさはこういう言葉のフレキシビリティにあるんでしょうね。

[PR]

by dkaqua2005 | 2006-06-07 07:05 | ブラポル

学会での出会い



5 de junho

先週開かれた学会で、同じ研究所で働く研究者の方と知り合いになりました。
同じ研究所であっても、分野が違えばお互いに知らないままということはよくあるものです。
彼の研究はアマゾンの熱帯雨林が地球環境にどのような影響を与えているのかを、大気乱流という視点から取り組んでいます。僕のテーマは磁気流体乱流なので、お互いに乱流つながりということで興味をもったというわけです。

彼の発表を聞いていて、同じ乱流でも実験室や宇宙という浮世からちょっと離れている対象とは違い、現実の環境問題として乱流を研究するということができるんだなあと改めて思いました。コンピュータの前に座って計算したり、鉛筆をもって計算しているとときどき自分は何をやっているんだろうと思うことがありますが、こういう人間社会と直接関係している研究に触れると、なんだか勇気付けられる気がします。


[PR]

by dkaqua2005 | 2006-06-06 04:21 | 日々雑記