Tudo bem? ~ From SJC, SP, Brasil


ブラジル・サンパウロ州・サンジョゼ・ドス・カンポス市での日々の生活を伝えるブログです。
by dkaqua2005
フォロー中のブログ
Links

ニッケイ新聞(日系人向けの邦字新聞)
サンパウロ新聞(上に同じ)
パラナ新聞(廃刊になったようです)
O Vale(サンジョゼの地元紙)
São José dos Campos
(サンジョゼのHP。英語版あり)
Verbix Português(動詞の活用に大活躍)
元々イギリス滞在記(お友達の研究者はるさんのブログ)
TROPICAL PARADISE BRASIL!!!(北東部Natalにお住まいの福岡人eminhaさんのブログ)
Olá gente!(ブラジル大好きかつ事情通のmikiさんのブログ)

今日の天気:






カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ブログパーツ
ブログジャンル

<   2006年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧


日本茶



29 de novembro

日本に行った際、お土産として日本茶を買ってきたんですが、これが周りの人たちに大うけで、よくみんなで飲んでいます(主にブラジル南部出身の人たちと)。買ってきたのは福寿園の伊右衛門の煎茶と玄米茶で、それらに抹茶がブレンドされていてこれがまためちゃめちゃおいしいんです。特に人気なのが玄米茶。炒ったお米の風味がとってもいいんだそうです。その影響で、先日サンパウロのリベルダージに行ってきたときに、さっそく友達が玄米茶を買ってました。若者が日本茶をすすりながら談笑している姿は、もう日本では見られないでしょうが、ここブラジルでは古きよき(?)日本の伝統が生きています。

[PR]

by dkaqua2005 | 2006-11-30 05:08 | 日々雑記

雨のおかげで一休み?



28 de novembro

今日夕方から、すごい雨模様となりました。
一時間のうちに数百ミリの雨が降ったのではないのでしょうか?
ブラジルの通り雨はほんと尋常ではありません。
すごい風と雷。

また、下水道はこういう非常の場合に対応していないため、道路はまさに洪水です。
この1週間、こんな天気がずっと続いてます。

ブラジルに来て面白いなと思ったのは、すごい雨が降りだすとみんな雨宿りができる軒下などに避難して、雨がやむまで動こうとしないことです。日本だと傘が折れても必死で目的地に向かいますよね。こういうブラジルの自然に逆らわない(のんきな)ところがとっても好きです。


[PR]

by dkaqua2005 | 2006-11-29 06:38 | 日々雑記

進歩と秩序



23 de novembro

昨日の事件から一夜明けて、少しは気分が落ち着きました。

でも、テレビのニュースなんかを見ていると、いつものようにブラジル国内のどこかで
誰かが殺されたり、事故でなくなったりしています。
自分の身近な人でないと、見過ごしてしまいがちですが、自分に関係のある人だと
こうも感じ方が違うのかと改めて思い知らされました。

ブラジルの場合、特にファベーラでは毎日のように人が亡くなっているそうです。
特に犯罪に手を染めた子供達は、そのほとんどが成人するくらいまでにこの世を
去るんだそうです。生活のため犯罪に手を染め、その犯罪のために命を奪われる。

こういう理不尽なことが、ブラジルでは日常茶飯事と化し、この泥沼から逃れることが
できないでいます。政治家はこの現実に気づいてはいますが、自分の私腹を肥やすことに夢中で、彼らのことを見てみぬふりをしています(選挙前になると突然彼らに施しを始めます)。

ブラジルは経済成長を進めるの前に、まず国民の「衣食住」そして「安全」を確保すること
から始めるべきではないでしょうか?もちろん、それにはお金が必要ですが、
連邦政府や州政府などの政治家・役人が誠実に彼らの役割を果たせば、やれるはずです。

「進歩と秩序」

国旗に刻まれたその言葉をブラジル国民が肌で感じることが出来る日が
一日も早く来ることを願います。


[PR]

by dkaqua2005 | 2006-11-24 05:51 | 日々雑記

事件



22 de novembro

今朝、いつものように出勤すると研究所内に警察がいました。
なんだかいつもと様子が違うなと思いつつ、オフィスに向かっていると
運動場の近くに警察やその他の人が集まっています。

うちの部門の秘書さんがちょうどいたので聞いてみると、
なんと殺人事件が起こったのだそうです。
よくテレビで、事件現場に立ち入り禁止のロープが張られてあるのを見ますが
それがまさに目の前にあり、その中にシーツを掛けられた被害者の死体がありました。

犯人と思われる人が泣きながら、男の人と別の場所に歩いているのも見かけました。
秘書さんによると、ナイフによる刺殺だそうですが周りにはそれほど血は見られませんでした。

ブラジルに来て以来、日本では経験したことのない体験をたくさんしてきましたが
まさか殺人事件に、それも職場で合うことになるとは。

世の中何が起こるか分からないものです。

追伸:
その後事件の詳細を聞きました。亡くなったのは研究所のガードマンで、勤務が終了し同僚と交代しようとして銃を渡したときに突然暴発してしまったのだそうです。
真相はとても悲しいものでした。

[PR]

by dkaqua2005 | 2006-11-22 19:03 | 研究所にて

晴れのち雷雨



21 de novembro

夏を前にして、ここ最近天候が不安定です。

朝すっきりと晴れていたかと思うと、夕方すごい雨が降って、雷が鳴りまくったり。
もう少しすると、雹なんかも降ったりするんじゃないでしょうか。

早く夏がやってきて、すかっとした清々しい天候になってほしいと思う
今日この頃です。


[PR]

by dkaqua2005 | 2006-11-22 06:01 | 日々雑記

携帯電話



19 de novembro

昨日ついに携帯電話を購入しました。

今まで友達から、「いつも連絡がとれないから、早く携帯買ってくれ」
と言われていたのですが、一人で購入しに行くにはなかなかハードルが高くて
ずるずると買いそびれていました(一度挑戦したことがあるんですが分からなくて
断念しました)。

友達に付き合ってもらって、センターバリというショッピングモールにある「TIM」という電話会社のお店に行きました。ブラジルには先に通話料金を払ってしまうプリペード式(pre-pago)と毎月支払っていく形式(pós-pago)と2通りがあります(日本と同じですね)。さらに、各個人のニーズに合わせていろんなプランがあります。僕が今回決めたのは基本料金が36へアイスのプラン(pós-pago)です。これには20分間の無料通話が付いていて、それを超過して話した分を基本料金に上乗せして支払います。通話料金は、最初の2分間が90センターボ、その後は45センターボとかなりお得です。また、携帯自体は一番安いものを購入しました(69へアイス=約3500円)。
d0057785_338965.jpg

d0057785_3382815.jpg

ブラジルの携帯は結構小さなものが多いです。特に体の大きな男性がちっちゃな携帯を使っているのを見るとかなり滑稽です。

[PR]

by dkaqua2005 | 2006-11-20 03:42 | 日々雑記

講義終了



17 de novembro

今日で1週間続いた乱流の集中講義が終了しました。
うちのボスと話をして、これをいい機会に大気乱流、特にブラジルという土地柄を生かしてアマゾン森林地帯上空の乱流についてちょっと解析することになりました。

自分の専門とは全く違いますが、専門家の力を借りて何かおもしろい結果が
出せるように、クリスマスまでちょっと頑張ってみます。


[PR]

by dkaqua2005 | 2006-11-18 07:29 | 研究所にて

新聞記事から



16 de novembro

ブラジルのモデルさんが拒食症のために21歳という若さで亡くなったそうです。

身長174cmで体重がなんと40kg!!!

みなさん、食事は大事です。
ダイエットはほどほどに。


[PR]

by dkaqua2005 | 2006-11-17 07:41 | 日々雑記

祝日



15 de novembro

今日はferiado(祝日)でした。
しかし、祝日でもお構いなしに朝から乱流の特別講義がありました。
祝日だと思わなければいつもの水曜日ですが、祝日であることが分かっていると
どうしても体が祝日モードに入ってしまいます。
さらに、昨夜は友達の誕生パーティに出席したので、眠たくて仕方がありません。

話は変わって...
だいぶ前から友達に今週末ビーチに行かないかと誘われていたのですが、
車が足りないからと行けなくなってしまいました。結構楽しみにしていたので
ちょっとショックです(そいうえば前も同じ理由でビーチに行き損ねたな)。
ブラジルに来て1年半近くになりますが、いまだにサンパウロ州のビーチにお目にかかってません。

まあ、さっさとあきらめて週末も働きたいと思います。


[PR]

by dkaqua2005 | 2006-11-16 05:30 | 日々雑記

ポル語の講義



13 de novembro

今週1週間、ヒオ・グランジ・ド・スウ州から来た先生の集中講義を受けています。
テーマは大気乱流についてです。もちろん、ポルトガル語なので何を話しているのか
ちんぷんかんぷんです。さらに、手書きで文章を書いたOHPで講義をしているので
何が書いてあるのかを解読するのにも一苦労です(絵は全くなし!)。
一般的に、外国の人は筆記体に近いアルファベット、しかも非常に読みづらい文字を書くので解読するのに非常に苦労します(うちのボスも然り)。
式が出てくるときだけ何を話しているのか分かります。これが1週間続くと思うと...
しかし、内容自体はおもしろそうなので個人的に(英語で)質問してなんとか頑張ってみます。


[PR]

by dkaqua2005 | 2006-11-14 07:09 | 研究所にて