Tudo bem? ~ From SJC, SP, Brasil


ブラジル・サンパウロ州・サンジョゼ・ドス・カンポス市での日々の生活を伝えるブログです。
by dkaqua2005
フォロー中のブログ
Links

ニッケイ新聞(日系人向けの邦字新聞)
サンパウロ新聞(上に同じ)
パラナ新聞(廃刊になったようです)
O Vale(サンジョゼの地元紙)
São José dos Campos
(サンジョゼのHP。英語版あり)
Verbix Português(動詞の活用に大活躍)
元々イギリス滞在記(お友達の研究者はるさんのブログ)
TROPICAL PARADISE BRASIL!!!(北東部Natalにお住まいの福岡人eminhaさんのブログ)
Olá gente!(ブラジル大好きかつ事情通のmikiさんのブログ)

今日の天気:






カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ブログパーツ
ブログジャンル

<   2007年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧


チャット



30 de janeiro

うちの研究所ではチャットが頻繁に利用されています。友達とのちょっとした会話から指導教官と学生との議論まで幅広く使われています。日本にいたころは全く使ったことがなかったのですが、使ってみるとなかなかおもしろいツールであることが分かりました。ただ難点なのがポルトガル語でやり取りをしているので相手が書いてきたコメント中の分からない単語は辞書を引きながら読まなければなりません。また自分が書くときも然り。でもこれって結構勉強になります。

チャット(メール)専用短縮語

 vc -- você
 tb -- também
 blz -- beleza
 :D -- ニッコリマーク
 :) -- スマイルマーク
 :( -- サッドマーク


[PR]

by dkaqua2005 | 2007-01-31 04:28 | 日々雑記

Fala ***!



29 de janeiro

相手に呼びかけるときに

「Fala ***!」

という表現があります。「やあ!***さん!」というニュアンスの表現です。もちろん、とってもインフォーマルなものなので親しい友達の間だけで使われます。また、別れ際に、

「Valeu!」とか「Falou!」

といった表現もあります。「君と話せてよかった」とか「言いたいことは全て話したよ」といったことらしいのですが、「じゃあね」ぐらいのニュアンスで使われているようです(もちろんインフォーマルな表現)。友達と話していると、正しいポルトガル語が分からなくなってくる.....。

特に、南部の人たちはブラジルではあまり使われない2人称「Tu」というのを頻繁に使います。この2人称には、それに応じた特別な動詞の活用法があるのですが3人称のVocêとごちゃまぜになっている人が結構います。僕は外国人ということで、2人称は詳しく習っていないので、この辺が全く分かりません。そろそろ、2人称も勉強しなくては。

今日はここまで。
Valeu!

[PR]

by dkaqua2005 | 2007-01-30 05:12 | ブラポル

 (大陸的)許容範囲



26 de janeiro

2007年1月24日付け ニッケイ新聞より引用

速度違反の罰金倍増=取締り許容範囲の縮小で

 【フォーリャ・デ・サンパウロ紙二十三日】昨年八月頃、交通技術公社(CET)が聖市内の速度違反取締りレーダーの許容範囲を縮小してから、続く三カ月間に速度違反で科せられた罰金の総額が倍増したことが、フォーリャ紙の調査で確認された。
 固定式取締りレーダーは昨年八月頃まで 制限速度の一〇キロ超過までが許容範囲として認められ、取締りの対象外となっていたが、それ以後七キロ超過に範囲が縮小された。昨年一月から八月までの罰金総額は一カ月平均約三万一〇〇〇レアルだったが、九月から十一月までの三カ月間の平均は、ほぼ倍に増加した。
 当時、許容範囲の縮小は公式に発表されなかった。CETの担当部長は縮小の実施日時を明らかにしなかったが、昨年七月末に施行された連邦法に基づいた措置であるとし、運転者は許容範囲ではなく速度制限を守るよう忠告した。
  許容範囲はレーダーの精度誤差を考慮した措置で、導入後の五年間は一五キロから二〇キロにも上っていた。マルタ市政の二〇〇一年に一〇キロに縮小され、罰金が四倍に増加した経緯がある。〇三年にフォーリャ紙が行った調査によると、一〇キロの許容範囲がなければ罰金の徴収額は八倍に増加していたという。
  速度取締りレーダーは今年五月以降、運転者の目に付くよう標識を設置することが義務付けられる見込みとなっている。

レーダーの精度誤差があるとはいえ、許容範囲が10キロもあったなんて、なんて懐の広い国なんでしょうか!というか、やりすぎ?また、許容範囲をこっそりと7キロに変えてみたりするところなんか、日本じゃ考えられないですね!さらにさらに、レーダーがあることを運転者に気づかせるために標識を設置するなんて、「レーダーの意味無いじゃん!」って思わず叫びたくなるようなオチがついた記事でした。


[PR]

by dkaqua2005 | 2007-01-27 00:18 | 日々雑記

Perdi....(だめだった...)



25 de janeiro

Oi gente!!! Tudo bem? 
(みなさん、お元気ですか?)
Espero que esteja muito bem!!! 
(元気ですよね!)
hj eu recebi um e-mail do professor de uma universidade em são josé,
(今日サンジョゼし市内のある大学のある先生からメールを頂きました)
sobre processo de seleção de professor/pesquisador em física espacial.
(宇宙物理学分野の教員公募件について)
na verdade, eu tinha mandado o meu currículo para participar o processo.
(実は、その公募に参加するために履歴書を送ってました。無謀にも....)
o resultado é ... perdi :(
(結果は、...だめでした...泣)
precisa dar uma aula para estudantes na universidade,
(大学教員になるということは、すなわち大学の学生に授業をする必要があるということです)
claro que em português!!
(当然、ポルトガル語で!)
por isso, perdi...
(なので、だめでした...)
mas, eu pude conhecer uns pesquisadores lá.
(でも、その大学の研究者と知り合いになることができたので)
isso foi muito bom pra mim :)
(その点はよかったと思ってます。笑)
vou trabalhar com um pesquisador!
(そして、ある研究者の方と共同研究することになりました。)
e também vou tentar submeter um projeto, chamado jovem pesquisador,
lá na universidade, talvez.
(また若手研究者を対象としたグラントがサンパウロ州にはあり、それに応募して通ればうちの大学に来てください、と公募担当の部門長さんがおっしゃってくださったので、応募してみようかと思ってます。)
tenho que trabalhar bastante, né!
(気合入れて働かないとね!)
hj é só.
(今日はそれだけです。)

um grande abraço,
dkaqua

日本語に訳すとこんな感じです(かなり、言葉足らずなところがありますがご容赦を)。

[PR]

by dkaqua2005 | 2007-01-26 06:23 | 日々雑記

誰のもの?



24 de janeiro

例えば道にお金が落ちていたとします。
よい子のみなさんは当然交番にそのお金を届けますよね!?

でも、ブラジルではたいていの人がそのまま自分のポケットに入れてしまいます。
一応周りに落とした人がいないかは確認しますが、ほとんどためらいも無く自分のものしてしまいます。Graças a Deus!(神様のおかげ)ってな具合に!

まあ、警察署というのはたいてい物々しい警備をしているので近寄り難いというのもあるし、交番というものがそもそもないといのもあるでしょう(ただし、リオ市内には簡易交番があります)。

でもね...教育上あまりよろしくないと思うんですが....
教育といえば、ブラジルの子供のしつけはとってもゆるく、子供にやりたい放題させている親が結構います。まあ、これも文化の一つなんでしょう。

ブラジル人の子供達をみて、ちょっと騒いでいたとしても大目に見てあげましょう。

[PR]

by dkaqua2005 | 2007-01-25 04:46 | 日々雑記

学会へ行こう!



23 de janeiro

今年の5月、初めてアメリカの地球物理学連合(AGU)とラテンアメリカ各国の地球物理関連学会共催の学会が開かれます(ちなみにブラジルの学会はSociedade Brasileira de Geofísicaといいます)。

これはラテンアメリカ各国の学会にとっては非常に重要なイベントとなります。このAGUというのは地球物理関連で世界最大の組織であり、そこで発表することはすなわち世界に向けて発表することになります。また、ラテンアメリカ各地からたくさんの人がやって来るため、ラテンアメリカ内での連携を強めるという意味でもすごく有意義な機会となるでしょう(左翼系のつながりではなく...)。

さらに、開催される場所がメキシコのアカプルコ!
うーん、行ってみたい....アカプルコ。

問題はお金ですね。旅費貰えたら、ぜひいってみたいと思います。


[PR]

by dkaqua2005 | 2007-01-24 03:23 | 日々雑記

cometa



19 de jeneiro

現在巷では、McNaught彗星なるものが話題になっています(えっ、なってない?それは失礼しました)。最近の過去40年で最も明るい彗星なんだそうです(ハレー彗星やヘールボップ彗星よりもずっと明るい)。北半球ではもう見ることはできませんが、南半球ではいまが見ごろなんです。でも、今日が彗星をみる最後のチャンスだとか。ここ数日雨が降っていて見れなかったなので、今日こそは見なくては!

ところで、友達がこの彗星に関してこんなコメントを送ってきました。

Com a chuva, a única forma de ver o Cometa é ir á rodiviária!

訳すと、雨の日にCometa(彗星)をみる唯一の方法はバスターミナルに行くこと!

d0057785_4353243.jpg


そう!Cometaという名の長距離バス会社があるんです!
ブラジル人はこういったジョークが大好きな国民です。

追伸:
不運にも、雲が空を覆っていて彗星を見ることはできませんでした。
残念!

[PR]

by dkaqua2005 | 2007-01-20 04:40 | 日々雑記

guarda-chuva



18 de janeiro

ここ最近、毎日雨が降っています。
お隣のミナス・ジェライス州では大雨のために町が丸ごと水浸しになっているところがあります。この国の雨の降り方は尋常でないうえに行政の大雨に対する危機意識が薄いため、ちょっと強めの雨が降ると町はすぐ水浸しになってしまいます。

さて、雨といえば傘(guarda-chuva)。
いつ雨が降りだすか分からないので、いつも携帯の傘を持ち歩いてます。しかし、傘の骨がすごく弱くてひと月も経たないうちに折れてしまいます。ブラジルに来て以来(たった1年半で)、傘を4回も買い換えました。大きな傘ならばもっと強いんでしょうが、毎日持ち歩くとなるとやはり小さな傘が必要です。どこかに、強くて頑丈な傘はないだろうか....

ところで、ブラジルの人は雨に対しては結構どんかんで、大雨で無い限り傘をささない人が結構います。まあ、日頃暑くてしょうがないので、すこしくらいの雨なら大歓迎といったところでしょう。

明日はすかっと晴れてくれるといいんだけど...


[PR]

by dkaqua2005 | 2007-01-19 05:43 | 日々雑記

débito / crédito



17 de janeiro

ブラジルはいろいろと不便な国ではありますが、便利な点もあります。
その一つがデビット/クレジットカードが基本的にどこでも使えるということです。
スーパーやデパートでの買い物やレストランでの支払いなど、ほぼどこでも使えます。

ブラジルに来て半年くらいはこのことを知らず(というか日本にいた頃にはカードを持った経験がありませんでした)、かなり多目の現金をいつも持ち歩いていました。
日本ならば別に問題ないですが、ブラジルだとちょっと危険です。
カードを使うようになってから、財布に50へアイス以上あるということがなくなりました。
(ちなみに、強盗にあったとき用につねに20へアイスは持ち歩くようにしてます。)

サンパウロの日本総領事館から日本人が強盗に襲われたというニュースがよく届くんですが、必ずといっていいほど多額の現金を持っています。持ってくる現金は必要最低限にしてあとはカードで支払うことをお勧めします。


[PR]

by dkaqua2005 | 2007-01-18 03:36 | 日々雑記

mímica



15 de janeiro

ロンドリーナに滞在中におもしろい遊びを教わりました。

その名は「mímica(ミミカ)」。

どんな遊びかというと....

まず2チームにわかれます。

各チーム毎で相談して、映画のタイトルをひとつ選びます。

そして、相手チームの代表者に映画のタイトルを伝えます。

映画のタイトルを聞いた代表者は、1分以内に自分のチームの人が答え(映画のタイトル)を導き出せるよう、ジェスチャーで伝えなくてはなりません(声を出さずに口で単語を伝えるのはとうぜんNG)。

簡単そうですが、これがなかなか難しく意外におもしろいのです。

映画のタイトルが単語が三つであるのならば、まず初めに3本指を立てて単語が三つであることを伝え、その後に単語を表す動作や演技を行います。動作が全然思い浮かばないときには、関連するアルファベットを表すいくつかの単語の動作をし、それをぶつぎりにして繋ぎ合わせるという高度な技まであります。ここまでくると僕には全く分かりません。

これは、友達のいとこ達とやったんですが、みんな映画のタイトルをよく覚えていることにはすごく感心しました(映画のタイトルって結構忘れがちです)。

ブラジル人はこういったお金のかからない遊びをほんとに良く知っています。テレビゲームをちょっと横において、ミミカを試してみてはいかがですか?

[PR]

by dkaqua2005 | 2007-01-16 04:20 | Londrina