Tudo bem? ~ From SJC, SP, Brasil


ブラジル・サンパウロ州・サンジョゼ・ドス・カンポス市での日々の生活を伝えるブログです。
by dkaqua2005
フォロー中のブログ
Links

ニッケイ新聞(日系人向けの邦字新聞)
サンパウロ新聞(上に同じ)
パラナ新聞(廃刊になったようです)
O Vale(サンジョゼの地元紙)
São José dos Campos
(サンジョゼのHP。英語版あり)
Verbix Português(動詞の活用に大活躍)
元々イギリス滞在記(お友達の研究者はるさんのブログ)
TROPICAL PARADISE BRASIL!!!(北東部Natalにお住まいの福岡人eminhaさんのブログ)
Olá gente!(ブラジル大好きかつ事情通のmikiさんのブログ)

今日の天気:






カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ブログパーツ
ブログジャンル

<   2007年 05月 ( 17 )   > この月の画像一覧


単語の覚え方



30 de maio

ブラポル語の単語を覚えるやり方の一つに英語からブラポル語へ
変換するというやり方があります。

たとえば、英語で語尾に-city/-sityが付くものは-cidade/-sidadeと変える。

city --> cidade
velocity --> velocidade
capacity --> capacidade
university --> universidade

英語で語尾に-tion/-sionが付くものは-ção/-sãoと変える。

action --> ação (ポルトガルのポルトガル語ではacçãoです)
emotion --> emoção
mission --> missão

例外もありますが、大体この変換が通用します。
もともとルーツはどちらもラテン語なので、似ている単語がほんとに多いです。


[PR]

by dkaqua2005 | 2007-05-31 07:45 | ブラポル

日本語を教える-その2



28 de maio

今日から日本語を習う生徒さんが増えました。
彼は僕の友達なんですが、日系3世で顔だけ見ると全く日本人です。
彼は、先週博士論文の公聴会を無事に終え時間に余裕ができたため、
日本語を教えてほしいと頼まれました。

以前、少し日本語を習っていた上に、小さな頃からじっちゃんやばっちゃんの
日本語を聞いて育ったためある程度は理解できます。
ちなみに、彼の祖父母は福岡県の久留米市出身で(高校時代僕の通っていた町!)
福岡県人会の会長もやったことがあるんだそうです。
彼のじっちゃんは1年ほど前に亡くなられたそうです。お会いできなく本当に残念です。

さて、以前やったようにまずはひらがな・カタカナそして発音の練習から
スタートしました。一度勉強したことがあるだけあって、ひらがなはスムーズに読める
んですが、カタカナはいまひとつ。
また、ひらがな・カタカナが漢字から生まれたという表を見せると
とても感心し喜んでくれました。
外国人にとって日本語の文字は謎だらけ。その謎を少しでも分かってもらうと
彼らの学習意欲が湧くと思います。

週に2回の日本語教室、週に2回のポルトガル語教室。
上手にこなして行かなくては。


[PR]

by dkaqua2005 | 2007-05-29 08:25 | 日々雑記

サンパウロの冬は寒いんですよ!



25 de maio

昨日も書きましたがサンパウロの冬はとっても寒いです。
日本の冬の寒さに比べれば大したことはないですが、
昼夜の気温差が激しいため余計に寒く感じます。
ブラジルは南国だから年中Tシャツ・短パンで大丈夫と思っている方
は注意してください。ブラジルには基本的に暖房という概念がありません。

さて冬になると職場や銀行などの隅に大きなダンボール箱が設置されます
(というか無造作に置いてあるだけですが)。
このダンボールは「こんな寒い冬に防寒着を買えない様な人たちのためにみんなで
カンパしましょう」というものです。

Campanha do Agasalho

Agasalho(アガザーリョ)とは防寒着のことです。今年はまだ設置されていません
がそのうちに現れるでしょう。特に最近寒いので、夜空の下で寝ていらっしゃる方たち
はどのように夜を過ごしているんでしょうか?

話は変わりますが、今日でこのブログを初めてまる2年が経ちました。
いつも読んでいただいている皆さん、たまたまこのブログをみた皆さん。
どうもありがとうございます。そしてこれからもよろしくお願いいたします。

そして妹よ、誕生日おめでとう!で何歳になったんだっけ?


[PR]

by dkaqua2005 | 2007-05-26 06:04 | 日々雑記

Frio



24 de maio

今週はかなり寒い日がつづいてます。
今日も20度以上に気温が上がりませんでした。
そして現在12度。
寒すぎです。

そういえば昨日僕が応援するサントスFCがアメリカに2対1で勝利し
リベルタドーレス杯準決勝にこまを進めました!
今年は早くも2年連続でカンピオナート・パウリスタで優勝し絶好調です。
がんばれ、サントス!特に、ホドリゴ・タバタ!(昨日は出番がありませんでしたが)


[PR]

by dkaqua2005 | 2007-05-25 07:02 | 日々雑記

ジューリョ



21 de maio

今日は続けて投稿してみます。

先週の土曜日深夜、グローボの番組「Altas Horas」の冒頭で観覧者にプレゼントを
あげるコーナーがあったんですが、そこで当選したのはなんと日本人女性。
お名前は「Yuma」さん。なんでも交換留学生としてブラジルにきて9ヶ月になるそうです。
司会者の質問にある程度答えていたのには感心しました。すごいです。
もちろんすごく日本訛りがありましたが、あの場面できちんとやりとりができるのは
そう簡単なことではありません。

さて、司会者が「いつまでブラジルに居るの」と聞いたのに対して、
彼女は「Julho(7月)」と答えました。
しかし、司会者は彼女の発音を訂正しようと何度も試みました。
日本人にとっては分かりづらいですが、J(ジョータ)の発音は英語の発音とは
異なります。前歯をかみ合わせ息を一気に吐き出すように発音します。

「ジューリョ」

最終的に彼女も理解して(?)、なんとか上手く発音できてました。
ブラジルには、結構日本人がいるんだなあとあらためて思った土曜の夜なのでした。

[PR]

by dkaqua2005 | 2007-05-22 07:05 | ブラポル

Yamandú Costa



21 de maio

昨日、サンジョゼ市で開かれた文化祭に友達といってきました。
まず、午後2時から行われたPaulo Freire Trioというグループのライブを鑑賞しました。
彼らはカイピーラと呼ばれる、いわばブラジルのカントリーミュージックを主に演奏する
グループで、ユーモアいっぱいの演奏が楽しめました。
観客に語りかけるように、歌というよりは弾き語りに近いもので、
観客といっしょに「早口」を競う場面も見られました。なかなか面白かったです。

さて、そのライブが終わりいよいよお目当てのYamandú Costaのライブを聞こうと
会場で友達と待っていました。しかし、今までいた観客はみんな会場を去っていきます。

「なんで、みんな外に出て行くんだろう?」

と不思議に思っていると係員の人がきて、

「Yamandú Costaのライブを見るにはチケットが必要なんで受付でもらって下さい」

とのこと。会場の外に出てみると長蛇の列。チケットを貰おうとしばらく列に並んで
いたんですが、

「チケットはなくなりました。」

との声が。なんと!せっかく早く着たのに目的のライブが見られないなんて!
仕方なく、長蛇の列を眺めながらアイスクリームを食べていると、最近知り合った学生
さんと遭遇。チケットを4枚もっているのでよかったらどうぞ、とチケットを2枚くれました。
彼は彼女と一緒で、たぶん他に二人来る予定だったのがキャンセルになったんでしょう。
何はともあれ、Muita sorte!です。彼のおかげでライブを十分堪能することができました。

Yamandú Costaはヒオ・グランジ・ド・スウ州出身のクラシックギターリストで、
今ブラジルで、というか世界的にも有名なギターリストの一人です。
その演奏を生で、しかもタダで見れるなんてなんという幸運でしょう!
彼はまるでギターとダンスをしているかのように演奏し、時にはあたかもロックのように
激しくギターをかきならし、感情をむき出しにした演奏に観衆は大満足。

こんな素敵な演奏を披露してくれたYamandú Costaとイベントを主催してくれた
サンジョゼ市に感謝します(もちろんチケットをくれた友人にも)。


[PR]

by dkaqua2005 | 2007-05-22 06:36 | SJCにて

文化祭



18 de maio

明日・明後日と二日間にわたって、文化祭のイベントがサンジョゼ市で開かれます。
その内容は様々で、オーケストラ、ロック、クラシック、映画などなどが「タダ」
で鑑賞できます。僕は、日曜日にあるギターリストYamandú Costaのライブを
見に行く予定です。

Dia 19/05
18h - Abertura Oficial
Coletivo Rolê – Fotografia e Vídeo. Itinerante
Pq. da Cidade


18h30 - Banda Havana Brasil (música)
Pq. da Cidade


19h - Trapiche (dança)
Teatro Municipal


20h - Rádio comida (teatro)
Pq. da Cidade


21h - Aretha (dança)
Teatro Municipal


21h30 - Orquestra Sinfônica do Estado de SP Pq. da Cidade


22h30 - Grupo Cachuera - (roda de jongo)
Pq. da Cidade


23h - Ná Ozzetti (música)
Teatro Municipal


23h30 - Banda Trilhas e Raízes (música)
Pq. da Cidade



Dia 20/05
Meia-noite - Oito Mulheres (filme)
Cine Santana


01h - Nação Zumbi (música)
Pq. da Cidade


01h - A Barca (música)
Teatro Municipal


02h - Filme: A grande testemunha
Cine Santana


02h30 - DJ Oscar Bueno
Pq. da Cidade


03h - O Barril (teatro)
Teatro Municipal


03h30 - DJ Camilo Rocha
Pq.da Cidade


04h - A professora de piano (filme)
Cine Santana


08h - Piraquara Musical
Pq. da Cidade


10h - O Macaco Simão e outras ... (Teatro)
Esp. Mário Covas


10h - Le Parkour Brasil
Praça Afonso Pena


11h - Uma Balada para Penélope (oficina)
Pav. Gaivotas - Pq. Cidade


11h - Congada de Santa Efigênia
Pq. da Cidade


11h - As 4 chaves (teatro de rua)
Praça Afonso Pena


12h - Dragão de Nó - (Circo-Intervenção)
Pq. da Cidade


12h - Projeto Guri
Teatro Municipal


13h - Fandango de Chilenas
Pq.da Cidade


14h - Paulo Freire Trio (música)
Teatro Municipal


14h30 - Contação de histórias
Espaço Mário Covas


15h - Projeto Fuá (dança)
Pq. da Cidade


16h - Rádio Comida (teatro)
Pq. da Cidade


16h - Yamandú Costa (música)
Teatro Municipal


17h - Antônio Nóbrega (música)
Pq. da Cidade


Endereços:
Parque da Cidade
Av. Olivo Gomes - Santana

Teatro Municipal
Rua Rubião Jr., 84 - 3º piso - Shopping Centro

Cine Santana
Av. Rui Barbosa, 2005 - Santana

Espaço Mário Covas
Praça Afonso Pena, 29 - Centro



[PR]

by dkaqua2005 | 2007-05-19 09:20 | 日々雑記

São Paulo



17 de maio

今日、パスポートの更新のためサンパウロへ行ってきました。
一人でサンパウロに行くのは初めてなので少し緊張してました。
サンパウロに住んでいる人にとってはどうってことないんでしょうが、
サンパウロ外の町からサンパウロへ行くときには、かなり身構えてしまいます。
みんなが口を揃えて言うのは

「São Paulo é perigosa! Cuidado, hein?」
(サンパウロは危険だから、気をつけなさいね)

しかし、今回は目的地である日本総領事館へ行って手続きを済ませ、
直ちに帰るということを決めていたので何事もなく帰ってくることが出来ました。
Tietêからmetrô(地下鉄)を使ってParaíso駅まで行き、そこでLinha verde
に乗り換えてBrigadeiro駅で降りました。メトロでの乗り換えは簡単なんですが
乗り換えを案内する標識が変なところについているので、気づくまでにちょっと時間
がかかりました。

サンパウロの日本総領事館に行かれた方は分かると思いますが、パウリスタ大通り
側の入り口から入るとどこへ行けばいいのか分かりません。エレベータのドア近くの
案内を読むと、上の階にいくにはその階の会社もしくは総領事館の許可をとって
からでないと行けない、とあり地下に降りていく必要があります。
地下へ下ると受付のおねえさんがいてどの階に何の用があるのかとポルトガル語で
訪ねてきます(日本語が通じるのかは不明)。そこで、顔写真をウェッブカムで撮られ
IDカードを渡されて、晴れて日本総領事館へ行くことが出来ます。

必要なものを準備していたおかげで、20分ほどで手続きが終わりました。
写真の顔のサイズにはやさしく文句をつけられましたが、なんとかその写真で
受け付けてもらいました(34mm必要なところ28mmしかありませんでした)。

行きのバス代:R$14.90
帰りのバス代:R$18.30
メトロ運賃(片道):R$2.30(運賃は一律で、どこまでいってもこの値段)

合計:R$37.80

なんで、行きと帰りのバス代が違うんだろうか?

[PR]

by dkaqua2005 | 2007-05-18 07:05 | 日々雑記

Sobre o Japão



16 de maio

ブラジル人はブラジルという国を愛しています。町のいたるところにブラジル国旗が掲げられ、ブラジル国旗が描かれた服を着た人を頻繁に見かけます。友達と話していても、「ブラジルは・・・」という風に普通の会話の中でも頻繁にブラジルという単語が使われます。

一方、日本はどうでしょうか?友達との会話で「日本は・・・」なんていっているのを一度も聞いたことがありません。また日本の国旗が描かれた服を着ている人もまれでしょう。日本人は日本という国を愛しているのでしょうか?別にナショナリズムを煽っているわけではありません。ただ、「日本が大好きだ」と自身をもって言える人がどれくらいいるのでしょうか?そして日本のよさをどれだけ挙げることができるでしょうか?海外にでて痛感したのは、自分が日本のよさをきちんと把握していなかったということです。友達に「日本ってどんな国?」「日本の文化を教えて」と聞かれたとき、とっさにいい答えが思い浮かびませんでした。もちろん、富士山や自然の美しさをいうことはできますが、文化については知っているようでよく分かっていませんでした。例えば、盆踊りの動作一つ一つにはどんな意味があるのか?仏教の教えとは何か?全く知りません。前者については、日系人に盆踊りをならったというブラジル人に意味を教えてもらいました。

Eu não entendo sobre o Japão, nada!

日本人ながら日本のことをよく知らない自分がとても恥ずかしいです。
日本をよく知ること、それが外国の人と交流する第一歩です。


[PR]

by dkaqua2005 | 2007-05-17 06:43 | 日々雑記

ちょっと高すぎる...



14 de maio

そろそろビザを更新する時期になってきました。
ただ今年は8月でパスポートの有効期限が切れてしまうために、
そちらのほうを先にしなくてはなりません。
以前、サンパウロの総領事館に問い合わせたところ、
サンジョゼに日本旅券の申請書をおいてある日系の旅行代理店がある
ということを知りました。
そこで、今朝そこへ電話をしてみました。

旅行代理店(以後旅) 「ボンジーア、***」
僕 「ボンジーア、エウ テーニョ ウマ ペルグンタ」
旅 「ポイズ、ナオン」
僕 「エウ プレシーゾ ヘノバール メウ パサポルチ ジャポネーズ...」
旅 「あのう...、日本語のほうがよろしいでしょうか?」
僕 「えっ、日本語話せるんですか?はい、日本語でお願いします。」
...

ということで、ポルトガル語で聞こうと覚悟を決めていたものの
あっけなく日本語の会話になってしまいました(非常にありがたいです)。
代理店の人に住所を聞いて、午後にそこへ行ってきました。

と、その前に写真が必要なので写真屋さんへ。

僕 「あのう、縦45mm、横35mmのこんな感じの証明写真が欲しいんですが、
   できますか?(サンプルの絵を見せながら)」
写真屋さん 「う~ん、分からないな...。うまく切れば出来るかも?」

ということで、なんとか完成。でも規格からちょっとはずれているような...
でもまあいっか、とポジティブ思考で旅行代理店へ。

僕 「ヴォセ ファラ ジャポネーズ?」
旅 「ああ、朝電話してきた方ですね。(ポル語で聞いたのに流暢な日本語で返されると
   なんだか悲しくなります。)」
旅 「うちが代理で申請することもできますがどうしますか?」
僕 「いくらぐらいするんですか?」
旅 「うちが頂く手数料が130へアイス、実際の申請にかかる手数料は
   最近安くなって300へアイスです。」
僕 「!!!(130へアイス!!高!:心の叫び)」

サンジョゼからサンパウロまでのバス代は12へアイス、メトロは約2へアイス。
往復を考えたとしても、30へアイスかかりません。

僕 「自分で申請します。」
旅 「分かりました。申請には写真が必要なんですが...」
僕 「もう撮ってきましたよ。」
旅 「ちょっと見せてください。...うーん、これではダメですね。
   顔のサイズが小さすぎます。近くにいい写真屋さんがあるのでそこで
   撮ってもらうといいですよ。」
僕 「はい、ではそうします。ありがとうございました。」

ということで、せっかく撮った写真が無駄になってしまいました。
日本ってこういう細かいところに非常にうるさいので、正直言って面倒です。
その後写真館へ行ったんですが、カメラマンが今日は出張しているということで
後日連絡をしてもらうよう頼んで戻ってきました。
仕事とは直接関係ない事(お役所手続きなど)がブラジルでは一番の厄介ごとです。
でも、早いところ終わらせなくちゃね(強制退去になってしまう...)。

ちなみに、相談にのっていただいた旅行代理店の女性の眉毛の化粧は、
なんというか、細い海苔が付いているかのようなビシッとした眉毛でした。
すごいの一言です。


[PR]

by dkaqua2005 | 2007-05-15 04:54 | 日々雑記