Tudo bem? ~ From SJC, SP, Brasil


ブラジル・サンパウロ州・サンジョゼ・ドス・カンポス市での日々の生活を伝えるブログです。
by dkaqua2005
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フォロー中のブログ
Links

ニッケイ新聞(日系人向けの邦字新聞)
サンパウロ新聞(上に同じ)
パラナ新聞(廃刊になったようです)
O Vale(サンジョゼの地元紙)
São José dos Campos
(サンジョゼのHP。英語版あり)
Verbix Português(動詞の活用に大活躍)
元々イギリス滞在記(お友達の研究者はるさんのブログ)
TROPICAL PARADISE BRASIL!!!(北東部Natalにお住まいの福岡人eminhaさんのブログ)
Olá gente!(ブラジル大好きかつ事情通のmikiさんのブログ)

今日の天気:






カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ブログパーツ
ブログジャンル

<   2007年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧


近況



30 de novembro

まず初めにご報告を。
7月に申請した書類は採用されず、早期の渡伯はなくなりました。残念。
ということで二つ目に申請したフェローシップに期待するしかありません。
結果が分かるのは来年の2月頃。
先は長いですね。しかし待つより他にありません。

さて、近頃はずっと塾講師のバイトに明け暮れる日々を過ごしております。
お休みは日曜日だけ。かなり大変です。
1月には中学受験、2月には私立高校の入試、そして3月には公立高校の入試
といよいよ受験生にとっての大一番が近づいてきました。
なので、冬休みもなく正月も働かなくてはいけません。
塾業界って以外と大変です。

最近塾の先輩の先生からよく言われることで、「生徒のしつけをしっかりしよう」というのがあります。でもしつけって本来は親がするもので塾がそこまでやる必要があるのだろうか?と思ってしまいます。小学生ならばまだしも中学生にまで。確かに受験シーズンのこの時期になっても、まだ授業中に悪ふざけをしたりする生徒はよくいます。きつく叱ってもさらにやる気を失わせるだけなので、どうにか授業に戻るように仕向けていますが、子供の心は複雑なので正直よく分かりません。勉強を教えるだけならまだしも、しつけまでやらねばならないとは...
とまあ、こんな日々を過ごしている今日この頃です。


[PR]

by dkaqua2005 | 2007-11-30 12:32 | 日々雑記

期末試験



12 de novembro

福岡は昨日からとたんに寒くなってきましたが、
皆さんご機嫌いかがですか?

日本に戻ってきてからというもの、ブラジルにいたときのような緊張感や
わくわく感がなくなり、最近ちょっと喪失感を味わっています。
でも、塾の仕事が忙しくてそんなことも言ってられませんが。
中学校はそろそろ2学期の期末試験のシ−ズンで、先週の土日は
勉強が間に合っていない子達の補習授業を行いました。
一度解けた問題なのに、もう一度似た問題を解くとできなくなっていたり
する子がいました。
たぶん、決まった問題に対してだけやり方を覚えていて(時には丸暗記)、
ちょっと問題の形が変わるととたんに分からなくなってしまうのでしょう。
こういう子は、初めから数学なんて分かんないというのが心のどこかにあり、
それが足かせとなって前に進むのを怖がってしまう様です。
教えるべきことはきちんと教えたから後は本人のやる気次第なんだけどな。
さてさてどうしたものか。


[PR]

by dkaqua2005 | 2007-11-12 15:52 | 日々雑記

京都



8 de novembro

報告遅くなりました。ごめんなさい。

秋の京都は本当に美しく、楽しい1週間となりました。
もちろん、学会でも京都賞を受賞されたユージン・パーカー博士の講演も聞くことができ有意義な時間を過ごすことができました。また久しぶりにあった同期の研究者達もしばらく会わないうちにみんなりっぱになっていて、自分も彼らに負けられないなと心を新たにさせられました。

学会にはブラジルの友人も参加していました。一応日本人として彼らのガイド役となり(京都市内をちゃんと回るのは今回が初めてでしたが)、いろんなところへ行きました。京大近くの吉田神社にはじまり、銀閣寺、哲学の道、南禅寺、金閣寺、二条城、京都御所を回りました(個人的には霊山護国神社、清水寺にも行きました)。

京都はまさにcidade maravilhosa(美しい街)です。感動しました。日本人の僕がこう思うんだから、外国人からしてみれば言葉に言い尽くせぬ感動があるでしょう。わび・さびなんて概念を知らなくても、大自然を限られた空間に凝縮し、しかも無理無くそれらが調和している様を見れば、どこの国の人であろうとその風景の虜になってしまうでしょうね。またぜひ訪れたいと思います。

京都の様子 その1
京都の様子 その2



[PR]

by dkaqua2005 | 2007-11-08 15:29 | 日々雑記